V系アーティスト図鑑

元ラルクアンシエル「Sakura」の現在は?|脱退理由は何?困難を乗り越え活躍するドラマー

ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。

今回は幻のメンバー、元L’Arc~en~Ciel (ラルクアンシエル)のSakuraについてご紹介します。

Sakuraの現在

Sakuraは1993年から1997年まで、L’Arc~en~Ciel (ラルクアンシエル)というバンドのドラムを担当していました。覚醒剤で逮捕されて脱退した元メンバーです。

L’Arc~en~Cielを脱退した現在では、さまざまなバンドに所属してドラムを叩いています。

2010年からRayflower (レイフラワー)2012年からZIGZO(ジグゾー)、THE MADCAP LAUGHS(ザマッドキャップラフズ)、2016年からはgibkiy gibkiy gibkiy(ギブキギブキギブキ)のドラマーとして活動しています。

これらのバンドをメインにドラマーとして現在活動しています。

Sakuraの脱退理由について

ネット上や表向きは「音楽性の違い」でSakuraは脱退したということになっています。しかし、1997年2月24日にSakuraは覚醒剤取締法違反で現行犯逮捕されたことによって脱退したという見方の方が有力です。

L’Arc~en~Cielは前年の1996年には、「flower」「Lies and Truth」を発売して、1997年の1月には日本武道館でライブを成功させています。これからヒット街道を行くという矢先に事件が起こりました。

 

当時はネットも今ほど発達していなかったので、事件の第一報を伝えたのは読売新聞でした。事件から2週間近く経った3月11日に報道されます。

事件の影響は大きく、夏前に発売予定だったニューシングルのレコーディングが延期になったり、野外ライブイベントへの出演が中止になったりしました。

その後保釈されたSakuraが3月29日にメンバーと会合をします。それから約1ヶ月後の4月18日にメンバーのコメントが発表されます。

 

L’Arc~en~Cielはその後も活動休止を余儀なくされ、10月17日にようやくシングル「虹」をリリースして表舞台に復活します。それで11月4日に正式にSakuraが脱退したという事件の経緯です。

ちなみに1998年1月1に現ドラマーのyukihiroが加入しました。

Sakuraのプロフィール

Sakuraの基本情報

名前Sakura、櫻澤 泰徳
担当ドラム
愛称やっちゃん
本名桜澤 康徳(さくらざわやすのり)
生年月日1969年11月20日
血液型A型
身長171cm
出身地東京都練馬区桜台
性格頭がいい
好きなものたらこ
嫌いなもの情報なし
所属事務所現在フリー
家族構成兄、姉がいる
影響を受けたアーティストビルブラッフォードなど

Sakuraの生年月日は1969年11月20日で年齢は50歳です。血液型はA型です。

本名は「桜澤 康徳(さくらざわやすのり)」で、名字の一部を取ってSakuraと名付けているのが分かります。それでファンからは「やっちゃん」と呼ばれていました。これは本名の「やすのり」から来ているようですね。

ちなみに、ソロ活動の時は本名の櫻澤 泰徳を名乗っています。

SakuraのSNS情報

SakuraのSNSを調査した結果、さまざまなSNSをやっていることが分かりました。

Sakuraの情報をチェックするのならば、Twitterの方がおすすめです。最近ではあまり自分に関する呟きをしていませんが、さかのぼってツイートを見てみると色々な発言をされています。

公式サイトで最新情報をチェック!

Sakuraのソロ活動情報を知りたいなら公式サイトを見るのが1番です。最新の活動情報をチェックできます。また、レッスンの申込ができるのでドラマーは要チェックです。

その他、以下のことが可能です。

  • エッセイの閲覧
  • ライブイベント日程の確認
  • グッズ購入
  • 使用ドラムの解説

バンド経歴

  1. DIE-KÜSSE (Sakura)
  2. The HAREM Q(Sakura)
  3. L’Arc~en~Ciel (Sakura)
  4. ZIGZO (Sakura)
  5. SONS OF ALL PUSSYS (Sakura)
  6. Lion Heads (Sakura)
  7. Rayflower
  8. ZIGZO (Sakura)再結成
  9. gibkiy gibkiy gibkiy(Sakura)

Sakuraのバンドの経歴はこのようになっています。

生い立ちからL’Arc~en~Ciel脱退まで

Sakuraは東京都練馬区桜台にて3人兄妹の末っ子として生まれます。L’Arc~en~Cielはメンバーがほぼ関西ですが、関東勢でした。

正確な時期は不明ですが、「簡単そうだ」という理由でドラムを始めました。ビジュアル系の人の中でも「簡単そう」という理由で担当楽器を始めることも多くいますね。the GazettE(ガゼット)のれいたなども似た理由です。

 

SakuraはDIE-KÜSSE (ディキューセ)、The HAREM Q(ザハーレムQ)というバンドなどでセッションを中心に活動していました。L’Arc~en~Ciel加入以前の1993年まではこれらのバンドでドラムを叩いていました。

そして、1992年12月30日にL’Arc~en~Cielではドラム担当だったperoが脱退します。そこでベースのtetsuyaがSakuraをL’Arc~en~Cielに誘い、ドラム担当として活動が始まります。しかし、1997年に覚醒剤で逮捕されて脱退してしまいます。

その後はサポートなどソロとして活動します。時にはサポートとしてバンドに加入したり、バンドを結成したりしていました。

Sakuraの音楽性

ドラム

Sakuraのドラム演奏はオールマイティです。特定のバンドに属さずにサポートなどを繰り返していると、自分流のドラムはなかなかできません。ひとつのバンドならドラマーのクセが味になる時がありますが、サポートだとそれを出すのも厳しいです。

その結果、なんでもできるドラムと言えるでしょう。それでも存在感のある重みのある音を出しています。

 

L’Arc~en~Ciel在籍時は、演奏中にタバコを吸っていることがありました。ちなみにガラムメンソール、セブンスターを吸っていたようですが現在は電子タバコです。

また、かなりドラムの音作りにこだわっています。機材を調整することで微妙な音の響きや周波数まで気にしています。ドラムに対しての熱は相当です。

L’Arc~en~Ciel在籍時は、flowerなどの曲でドラムを担当していました。

  • 夏の憂鬱[time to say good-bye]
  • flower
  • Vivid Colors
  • Flood of tears
  • Dune

使用機材

Sakuraの使用機材は以下の通りです。

  • Pearlのカスタムドラムセット
  • TOSHI NAGAIモデルのスネアドラム

SakuraはPearl(パール)のカスタムドラムセットを使用しています。Pearl(パール)というブランドは多くのミュージシャンが使っているので、スタンダードなブランドです。しかし、カスタムをしているので自分好みにしています。

作曲

L’Arc~en~Cielの曲の中にSakuraが作曲した曲もあります。しかし、Sakuraが作曲した曲は、L’Arc~en~Cielで「Inner Core(インナーコア)」という楽曲のみです。

この曲は1994年7月14日発売の2ndアルバム「Tierra」に収録されています。

created by Rinker
Ki/oon Sony キューン ソニー
¥2,242 (2020/10/30 11:28:33時点 Amazon調べ-詳細)

Sakuraのソロ活動

L’Arc~en~Ciel脱退から2010年まで

1998年にロックバンドFAME(フェイム)にサポートドラマーとして参加します。同年、ZIGZO(ジグゾ)というバンドを結成します。

ZIGZOは元MALICE MIZER(マリスミゼル)のTETSU(Vo)、元BY-SEXUAL(バイセクシャル)のRYO(G)とDEN(Ba)がメンバーでした。ZIGZOは2002年に一度解散します。

 

2002年11月26日には、SONS OF ALL PUSSYS(サンズ オブ オール プッシーズ)を結成します。L’Arc~en~CielのKenが中心になって結成された3ピースバンドです。

ちょうどL’Arc~en~Cielが活動を休止しており、その時にSakuraとkenが語り合ったことからバンドがスタートします。なお、他のメンバーにはL’Arc~en~CielのMVに出ていたモデルのEinがいました。2006年まで活動しました。

一方、2000年頃から同時並行でSakuraはプロデューサー業も行います。MUCC(ムック)やSID(シド)のプロデューサーを務めました。また、サポートドラムとしてはGACKTや倖田來未と一緒に活動しています。

その他、コラボや楽曲制作に携わった人はこちらです。

  • 元CASCADEのボーカルTAMAMIZU
  • day after tomorrow
  • 元D≒SIRE、JILSのボーカルYUKIYA
  • PENICILLINのボーカルHAKUEI
  • 柴咲コウ
  • SOPHIAの都啓一と豊田和貴
  • DEAD ENDのMORRIE

2006年にはLion Heads (ライオンヘッズ)というバンドを結成しますが、この時Sakuraの担当はギターでした。マルチプレイヤーですね。

2009年にはDEAD ENDのMORRIEのバンドである、Creature Creature(クリーチャークリーチャー)で固定サポートメンバーとして活動を始めます。

2010年から現在まで

2010年からSOPHIAの都啓一(みやこけいいち)を中心にRayflower(レイフラワー)を結成します。

2012年にZIGZO(ジグゾー)を再結成します。2011年のSakuraのバースデーイベントで再結成が発表されました。また、同年にTHE MADCAP LAUGHS(ザマッドキャップラフズ)というロックバンドを結成します。

2016年にgibkiy gibkiy gibkiy(ギブキギブキギブキ)というダークな雰囲気のロックバンドを結成して活動しています。

現在では、2010年から結成した4バンドをメインの活動としています。

Rayflower

Rayflowerはポップと激しい音楽の両方を演奏できるバンドです。2010年から2020年まで6枚のシングルと4枚のアルバムをリリースしています。

メンバー全員が1970年前後に生まれていますが、老いを感じさせないビジュアル系バンドです。

現在では大都市圏を中心としたライブハウスで精力的に活動しています。

ZIGZO

ZIGZOは元MALICE MIZERのTETSU、BY-SEXUALのRYOとDEN、そしてL’Arc〜en〜CielのSakuraという豪華なメンバーで1998年に結成されたバンドです。2002年解散の10年後に再結成しました。

再結成後はシングル1枚とアルバム2枚をリリースしています。エネルギッシュな楽曲が魅力です。パンクのような疾走感溢れる曲が魅力です。

現在でもライブ活動を中心に精力的に活動しています。

THE MADCAP LAUGHS

THE MADCAP LAUGHSは3ピースバンドです。ギターボーカルにaie(アイエ)、ベースボーカルに清、ドラムにSakuraというメンバー構成です。

インディーズ路線で活動しているのか、キャパの少ないライブハウスでライブを行っています。ギターボーカルのaieの声がアクセントになっていて、聞き応えののあるバンドです。

gibkiy gibkiy gibkiy

gibkiy gibkiy gibkiyは、highfashionparalyze(ハイファッションパラライズ)という名前で2010年に結成されたバンドです。2016年にgibkiy gibkiy gibkiyと名前を変えて再始動し始めたバンドでもあります。

メンバーは4人です。ボーカルは元Merry Go Roundのkazuma、ギターはdeadman のaie、ベースは元蜉蝣のkazu、そしてドラムのSakuraです。

このバンド一言で表すと、1990年代のビジュアル系です。最近のビジュアル系みたいにポップな要素があまりありません。

この曲を聞けば大体の雰囲気が分かります。

Sakuraのプライベート

ラッパーに慕われている

Sakuraは練馬出身です。練馬といえば、「練マザファッカー」のD.O(ディーオー)がいます。D.Oの自伝を読むと、Sakuraが出てきます。小学生のD.Oが庭掃除や草むしりを手伝っていた家がSakuraの実家だそうです。

D.OはSakuraのことをタバコを吸いながら楽器を弾く長髪のお兄ちゃんだったと語っています。

パソコンはMacintoshを愛用

SakuraはMacintosh(マッキントッシュ)のパソコンを使用しています。そのため、Windowsの使い方が分からないとトークで答えていました。やっぱりクリエイターですので、マック派なんですね。

交友関係

SIDのプロデューサーをやっているSakuraですが、メンバーとの仲もいいです。SIDのメンバーとサシ飲みすることもあり、特にドラムのゆうやとは同じドラマー同士交流が深いそうです。

Sakuraの愛用ブランド

Sakuraが愛用しているブランドは以下の通りです。

  • Nil:GRAVE

Nil:GRAVE (ニルグレイブ)はアクセサリーブランドです。ドクロなどゴツいデザインが特徴的です。Sakuraはこのブランドとコラボしてアクセサリーを出していました。ゴツめ系のアクセサリーが好きなのではないでしょうか。

Sakuraのすっぴん画像はある?

Googleで「桜澤 泰徳」等で調べると、Sakuraのすっぴん画像を確認できます。現在ではほぼメイクしていません。

一方でSakuraがいた頃のL’Arc~en~ielの画像を検索してみると、メイクをしていたSakuraの写真を見ることができます。

Sakura恋愛事情について

彼女がいる?結婚は?

さて、最後にファンのみなさんが気になる恋愛事情について調べてみましょう。Sakuraの彼女や結婚に関する情報はないようです。しかしながら、Facebookの交際関係を見てみると、結婚していることが分かります。

L’Arc~en~Cielのメンバーも結婚しているくらいなのでSakuraも結婚して当然ですね。

まとめ

今回は元L’Arc~en~CielのSakuraについてご紹介しました。謎めいている雰囲気ですが、プライベートの情報も意外と開示されています。知れば知るほど素敵ですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【L'Arc〜en〜Ciel】ラルクアンシエル「hyde」のプロフィール|年齢を重ねても美しいボーカリストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は何歳になってもそのルックスは永遠、L'Arc~...
あわせて読みたい
【L'Arc〜en〜Ciel】ラルクアンシエル「tetsuya」のプロフィール|ポップな曲を作曲するベーシストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回はポップな曲を生み出すベーシスト、L'Arc~e...
あわせて読みたい
【L'Arc〜en〜Ciel】ラルクアンシエル「ken」のプロフィール|ダークな曲を作曲する天才ギタリストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回はダークな曲を作る渋いギタリストといえばこの男、...
あわせて読みたい
【L'Arc〜en〜Ciel】ラルクアンシエル「yukihiro」のプロフィール|名曲「trick」を作曲したドラマーロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回はバンドを後ろで支える男、L'Arc~en~Ci...
ABOUT ME
アン・ジュオ2世
アン・ジュオ2世
V系を愛して十数年。ドラマ「IWGP」を見てギター片手に上京。「BLUEVARY COSMOS」というバンドに所属していました。
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です