未分類

【Unlucky Morpheus】Jill(ジル)のプロフィール|ゴシックな装いが人形のようなバイオリニスト

みなさん、こんにちは。

バンギャのためのV系バンド(ヴィジュアル系)情報まとめサイト『ヴィジュアリズム宮殿』です。

メンバーのプロフィール、メイク、ファッション、髪型のことを盛り込んでもっと好きになるような情報を中心にお届けしております。

今回はUnlucky Morpheus(アンラッキーモルフェウス)でバイオリンを担当するJill(ジル)についてご紹介します。

Jillのプロフィール

Jillの基本情報

名前Jill(ジル)
担当バイオリン
愛称ジル、ジルちゃん
本名不明
生年月日?年2月17日
血液型不明
身長155cm
出身地長野県
家族構成兄がいる、自宅で猫を飼っている
影響を受けたアーティストX JAPAN

JillはUnlucky Morpheusのバイオリニストです。

Unlucky Morpheusは東方アレンジの同人音楽サークルから始まり活動の幅を広げているバンドで、「あんきも」の愛称で親しまれています。

Jillは7人いるメンバーの中で、一番最後に加入しました。

小柄でゴシックな装いの見た目はさながら人形のような美しさですが、ライブでは激しく頭を振りながら演奏するアグレッシブな姿を見せてくれます。

そしてステージを降りるとちょっと抜けている所もあったりと、見た目とのギャップがある人物です。

JillのSNS情報

JillはTwitterとInstagramをやっています。

ツイッターは更新頻度が高く、最新情報やオフショットも多く投稿されています。

インスタは自宅で飼っている愛猫のラックくんの写真が多めです。

YouTubeチャンネルはバンドのものとは別にJill個人のチャンネルを持っており、バイオリンの「弾いてみた」動画が話題を呼んでいます。

生い立ちとバンド経歴

Jillがバイオリンを始めたのは3歳のころ。
兄がバイオリンを習っていたこともあり、その流れで自然と自身も習い始めます。

小学生のころから海外での演奏会にも参加。東京藝術大学音楽学部付属高等学校、東京藝術大学を卒業するという筋金入りの音楽家です。

その活動はクラシック音楽にとどまらず、バンドのサポートやレコーディングにも数多く参加しています。

バンドとしての活動は、以下の通りになっています。

2007?年~ Rose Noire(ロゼノワール)
2014年~2018年 Hollow Mellow(ホロウメロウ)
2015年~ Unlucky Morpheus

Rose Noireは東京藝術大学在学中にJillの実の兄と結成したユニットです。

楽曲のリリースやライブ活動の頻度は高くありませんが、細々と活動している印象です。

Hollow MellowはボーカルのIrumaのソロ活動から派生した同人プロジェクトで、2014年から本格的にバンドとして活動をしています。

どちらのバンドもゴシック、クラシックの要素を多分に持ち合わせているバンドですね。

現在JillはRose NoireとUnlucky Morpheusに所属しています。
活動の頻度から鑑みるに、バンド活動は実質あんきも一本に絞っていると言ってよいでしょう。

Jillの音楽性

国内外から高い評価を得ているバイオリン奏者

今やUnlucky Morpheusのサウンドにとって欠かせない存在となっているJill。

彼女は東京藝術大学卒という、ヴィジュアル系界隈としては異色の経歴を持ちます。

在学時から海外での演奏活動を行い、国内外のコンクールで受賞をするなど、バイオリン奏者として高い評価を得ています。

クラシックを土台に音楽を学んできた彼女ですが、一方でメタルを好んで聴いていたとのこと。

クラシックとメタル、双方の音楽的なバックグラウンドが現在の活動に活きているのでしょうね。

物心ついたころからバイオリンに触れている彼女にとっては、バイオリンはもはや生活の一部だと語っており、あんきものリーダーである紫煉もJillを「音楽ありきで生きている」と評価しています。

その演奏技術の高さが分かるカバー動画を見てみましょう。

こちらの動画はVan Halen(ヴァン・ヘイレン) の Eruptionという曲で、元はギターソロの楽曲をバイオリンでカバーしています。

同じ弦楽器ですが、ご存じの通りギターはピックで、バイオリンは弓で弾きます。
演奏方法の違いから完全に再現するのは難しいはずなのですが、それを完璧に弾きこなしてしまうあたりにJillの技術の高さがうかがえますね。

ちなみに本家ギターの動画はこちらです。聞き比べてみてください。

幼少期に通っていたバイオリン教室の方針で、「楽譜を見ずに耳で聴いて覚える」という方法でバイオリンを弾いてきたというJill。

その鍛錬のおかげかは定かではありませんが、絶対音感を持っています。

ミュージシャンであれば相対音感(基準となる音と比較して音の高さを識別できる能力)を持っているケースは少なくありませんが、絶対音感を持っているというのはかなり珍しいです。

長く積み重ねた努力の土台によって、Jillのパフォーマンスは成立しているのでしょう。

進撃の巨人の主題歌「紅蓮の弓矢」バイオリンカバーがバズる

JillのYouTubeチャンネルで公開した進撃の巨人の主題歌、「紅蓮の弓矢」のバイオリンカバーが大反響を呼びました。

バイオリンの演奏もさることながら、そのコスプレもクオリティが高い!
調査兵団のサシャ・ブラウスに扮したその姿は日本人離れした美しさです。

こちらの動画の再生回数はなんと300万回以上。海外からのコメントも数多く届いています。

この他にも鬼滅の刃の主題歌「紅蓮華」のバイオリンカバーを、栗花落カナヲのコスプレ姿で弾いている動画もアップされています。

こちらも45万回再生と、多くの人に視聴されていますね。

演奏、衣装、動画編集、全てにおいて一切の手抜きなし。「本気の遊び」とは、このようなことを言うのでしょう。

サポートなどでも大活躍

Unlucky Morpheusで精力的に活動する一方、サポートやコンサートもこなしています。

元々クラシックの世界で音楽を学んでいましたから、オーケストラコンサートにも多く出演しているようです。

オフィシャルサイトによると、共演やCD収録に携わったアーティストにはKinki Kids、JUJU、長瀬智也、Misiaと有名アーティストがずらりと並んでいます。

自分でも知らないうちにJillの携わった楽曲を耳にしているかもしれませんね。

Jillのプライベート

ゴシック好き

ゴシックなステージ衣装がトレードマークのJill。

漫画雑誌「花とゆめ」などで連載をしていた、由貴香織里さんの漫画に出会ったのがきっかけでゴシック、クラシカルな世界観に惹かれるようになったそうです。

単に衣装として着ているのではなく、プライベートでもゴシックな作品が好きなんですね。

ペットに猫を飼っている

Jillは自宅で猫を飼っています。
ラグドールという品種で、名前はラックくん。

実家でも猫を飼っており、大の猫好きなのに猫アレルギーなんだとか。
アレルギーと上手く付き合いながら飼っているのでしょうね。

お酒が大好き

Jillは自他ともに認めるお酒好き。
過去には「飲酒以外に趣味がない」という発言までしています。

Unlucky Morpheusの海外公演から帰国する際、メンバーとホテルのロビーで待ち合わせていたところ、朝の7時台にもかかわらずスミノフを飲みながら現れたというエピソードもあります。

ドーリーな見た目に反して意外な嗜好ですね。

Lidar(リダー)
Lidar(リダー)
この顔なら酒豪でも許せちゃいます。

意外とポンコツ

ステージでは凛とした出で立ちのJillですが、忘れ物や遅刻が多い、スマホの画面をすぐに割ってしまうなど、少しおっちょこちょいなエピソードが多数。

ボーカルのFukiからは「音楽以外はポンコツ」「私生活が心配になる」と言われています。

あんきものYouTubeチャンネルではこういった各メンバーの裏話もアップされているので、参考にしてみてください。

Jillのすっぴんは?

気になるすっぴんですが、女性ということもあり、すっぴんの写真は見つけることができませんでした。

しかしステージメイクよりは薄い、ナチュラルメイクの写真は時々投稿されているようです。

ゴシック衣装でばっちりキメている姿も素敵ですが、元々整った顔をされているので薄いメイクも素敵ですね。

Jillの恋愛事情について

最後にJillの恋愛事情についてです。
調べたところ、結婚している、彼氏がいるという明確な情報は確認できませんでした。

本名も年齢も公にしていないところから、プライベートはしっかりと線引きをしているのかもしれませんね。

Jillのまとめ

今回はJillについてご紹介しました。

幼少の頃からバイオリンを極める音楽家。
ゴシックな装いでバイオリンを操る人形のような姿は見た目にも華やかで、ステージでは大きな存在感を放っています。

その素顔はお酒が好きでおっちょこちょいというギャップも。

Unlucky Morpheusのサウンドに欠かせない存在となった彼女の、今後の活躍に期待したいですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。