V系アーティスト図鑑

【X JAPAN】TAIJIの脱退理由とプロフィール|死因は自殺ではない?

ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。

X JAPAN(エックスジャパン)といえば、日本のビジュアル系のシーンを築いたバンドです。まだX JAPANがXだった1992年に脱退したTAIJIですが、2011年に死亡します。

今回はそんなTAIJIの脱退理由や死因、プロフィールをご紹介します。

TAIJIの脱退理由

脱退エピソード

TAIJIは1992年1月の3日間連続の東京ドーム公演を最後にXを脱退しました。実際には脱退が決定したのは1991年の大晦日の紅白歌合戦の後だと、ドラムのYOSHIKIが後に語っています。

TAIJI脱退の表向きの理由は「音楽性の違い」でした。しかし、これは本当は違うのではないかとファンの間では言われています。

 

TAIJI側は後に自著の中で「バンド内の収入格差に文句を言ったり、YOSHIKIのドラムにダメ出しをしたりしたことで不仲になってしまった」と言っています。

一方のYOSHIKIは自著やテレビで「TAIJIは約束を破ってしまった」と言っています。見事に食い違いがあります。YOSHIKIがテレビでTAIJIの脱退について発言している時は、言葉を濁して言葉選びもかなり慎重だったのが伝わってきました。

 

脱退時期にTAIJIはLOUDNESSのオーディションを受けていて、それがYOSHIKI的には気に入らなかったという説もありますが、一方でYOSHIKIは「TAIJIはXに必要だった」と言っています。

それ以前にもYOSHIKIはTAIJIの要求でギタリストをクビにしたことを考えると、オーディションの一件は目を瞑れる範囲だったのではないでしょうか。

しかし、YOSHIKIがTAIIJIにクビを告げた時には取っ組み合いの喧嘩になったので、おそらく両方が自分の信念を曲げずに正しいと思っていたのが伝わります。

ファンの間で囁かれる本当の脱退理由

薬物疑惑

そこでファンの間で一般的になっているのが、TAIJIの薬物による脱退です。当時のXはアメリカのロサンゼルスでレコーディングをしていました。レコーディングはかなり長期で環境に耐えきれないメンバーもいたようです。

後に「ちょっと休暇ができると日本に帰るメンバーもいた」とYOSHIKIも言っています。その辛さやロサンゼルスの環境を考えるとTAIJIが薬物に手を出したのではないかと囁かれているのです。

 

YOSHIKIはロサンゼルスにいる間だけは許していたという噂もありますが、一方で日本に帰国しても薬物依存から抜け出せないメンバーがいた噂もあります。それがひょっとしたらTAIJIではないかという見方があるのです。

TAIJIの自伝が本当ならば、中学時代にシンナーを吸っています。その延長で薬物を断ちきれなかったのかもしれません。

なぜ真実は明らかにならないのか

この脱退理由については今も真実は分かりません。TAIJIはすでに亡くなっていますし、YOSHIKIは「約束を破った」としか言っていません。もし、薬物が事実だったとしてもTAIJIの面子を守るためYOSHIKIはこれから先も口を割ることはないでしょう。

TAIJIを失った悲しみの方が大きいはずですし、TAIJIとは何より和解しています。今さら真実を言って過去のメンバーの非を語るYOSHIKIの姿はファンも見たくないでしょう。YOSHIKIがそこまでしっかり考えているのが伝わってきます。

ファンとしてもあまり深く触れずにソッとしておいた方がいいのかもしれません。

YOSHIKIとの和解

HIDEがふたりを引き寄せた

TAIJIとYOSHIKIが和解をしたのは1998年のことです。

1998年5月にギターのHIDEが亡くなりました。HIDEの葬儀でTAIJIとYOSHIKIは再会します。その時のTAIJIはホームレス状態で、公園や倉庫で暮らしていました。TAIJIは困り果てていても家族やXのメンバーには頼らなかったのです。

 

TAIJIはホームレス時代に角材で前歯を折られるといった暴行被害にも合っています。その姿でHIDEの葬式に参加して、YOSHIKIは驚きます。それでYOSHIKIはTAIJIに200万円を渡して、TAIJIはその資金で入院します。

そして、他の人々の助けもあり音楽活動を再開するようになります。

「X JAPAN」のライブに出演

それから時が経って2010年の8月、横浜国際総合競技場で開催されたX JAPANのライブにTAIJIがゲスト出演します。元「X」のTAIJIが「X JAPAN」と一緒のステージに立った事実にファン的には感動しますね。

これが最後のX JAPANのメンバーと共演したステージです。HEATHとダブルベースですが、終盤(12:06〜)に注目です。このビデオではメンバーがステージの中央に集まりますが、TAIJIは現メンバーに配慮をしているのか真ん中にひとりだけ寄りません。

しかし、ToshIがTAIJIをそっと前に出すように促すところが感動のシーンです。

TAIJIの死因について

経緯

一連の報道

TAIJIは2011年7月11日に成田からサイパンに向かう途中、女性マネージャーに暴行したことによって逮捕されます。その容疑で拘留されている拘置所内で首吊り自殺をします。

ベッドのシーツを使って首を吊り発見された時にはまだ生きていたのですが、脳死状態になります。そして、6日後の7月17日に家族の同意を得て延命機器が外されてTAIJIの死亡が確定します。

死亡後のエピソード

しかし、TAIJIの死亡については論争が続いています。

TAIJIの婚約者である女性がTAIJIの遺体を確認したところ、首を吊ったような痕がなかったのです。きちんと検死を行ったが結果を明かされていないことや、関係者にも知らされないまま日本に遺体が戻されて密葬されたなど不可解な点が存在しました。

 

さらにTAIJIが意識不明となった時間帯に婚約者にメールが届いていたなどの矛盾もありました。また、当時の女性マネージャーがサイパンから帰国せずに行方不明になっていたということも判明します。

そして、TAIJIの死後から5年後にいよいよ、在サイパン領事事務所や外務省が調査に乗り出しました。

女性マネージャーとは何者?

報道によると、TAIJIの女性マネージャーはサイパンで会社を経営している人物です。2009年にTAIJIと女性マネージャーは知り合い、「サイパンに2億円の音楽設備があるから仕事のパートナーになろう」という条件で仕事をする間柄になります。

しかし、後に女性マネージャーの態度は豹変してTAIJIに給料を払わず、人の悪口を言うばかりになります。サイパンに行く前からもTAIJIと女性マネージャーは喧嘩していたようです。

 

それでTAIJIが意識不明だったとされる時間帯に婚約者に不審なメールが届きますが、その内容は「TAIJI の実家の住所を教えて欲しい」というようなことが書かれていました。見るからに怪しいですね。

そのメールの一件については、婚約者が告訴状を警察に出しています。しかし、出頭要請がなされている女性マネージャーは2015年の時点で出頭していないそうです。

その他の不審な点

TAIJIの死には奇妙な点が他にもいくつかありました。

  • TAIJIが逮捕された報道直後に、HPとブログは閉鎖
  • TAIJI死後にTAIJIと女性マネージャーが映った写真が消えた
  • 拘置所の巡回が2時間に1回だった(通常1時間に1回)
  • TAIJIは手術後なのに「蹴るなどの暴行」という報道があった
  • TAIJIの遺体の口には粘着テープの跡のようなものがあった

TAIJIの婚約者の女性はこれらの不審な点について警察やサイパンの当局に相談しますが、「海外で起きたことだから」と見て見ぬフリをされたとも語っています。

その後この問題はどうなったのか?

TAIJIの婚約者の女性がTAIJIの死の真相について迫ることは2016年の年末で終了しました。これはTAIJIの公式サイトで発表されました。 個人でできることを精一杯やって、後は政府に任せたそうです。

事件はそこまでしか明らかにされていません。2016年から年月が経っていますが、公に死因は明らかにされていないのです。

ひょっとした真実は家族はすでに知っているのかもしれませんが、世間からはそっとして欲しいのかもしれません。

TAIJIのプロフィール

TAIJIの基本情報

名前TAIJI、沢田 泰司
担当ベース
愛称たいちゃん
本名沢田 泰司(さわだたいじ)
生年月日1966年7月12日
血液型A型
身長173cm
出身地千葉県市川市
性格破天荒
好きなものアイスクリーム
嫌いなもの情報なし
所属事務所元YOUプロダクション
家族構成兄、妹がいる
影響を受けたアーティストビートルズ、クイーンなど

TAIJIの生年月日は1966年7月12日で2011年7月17日に亡くなりました。45歳でした。血液型はA型です。

本名は「沢田 泰司(さわだたいじ)」で、本名の一部を取ってTAIJIと名付けているのが分かります。それでファンからは「たいちゃん」と呼ばれていました。見た目とは違って可愛いですね。

また、X脱退後は本名の「沢田 泰司」名義で活動していました。

TAIJIのSNS情報

TAIJIがこの世から去った後も公式Twitterは2019年の4月30日まで更新されていました。ブログは亡くなる寸前までTAIJI自身が書いていた記事が残っています。これを見るだけで泣いてしまいそうですね。

バンド経歴

  1. トラッシュ(TAIJI)
  2. DEMENTIA(RAY)
  3. PROWLER(TAIJI)
  4. X(TAIJI)
  5. LOUDNESS(沢田泰司)
  6. D.T.R(沢田大司)
  7. CLOUD NINE(沢田泰司)
  8. 音風(沢田泰司)
  9. D.T.R※再結成(沢田泰司)
  10. TAIJI with HEAVEN’S(沢田泰司)

TAIJIのバンドの経歴はこのようになっています。

生い立ちからX脱退まで

TAIJIは1966年に千葉県市川市で生まれます。両親は工場を経営する家庭でした。しかし、この工場で悲劇が起こります。TAIJIが2歳の時に工場の機械に手を突っ込み、右手中指第一関節を切断してしまいます。

そして、TAIJIが10歳の時にアコギを弾き始めます。PATAと同じくらい音楽に目覚めるのが早いです。しかし、TAIJIが中学生の時に両親が離婚したことによって、TAIJIは非行に走ります。中学時代にバイクやシンナーに手を出したと自伝本では語られています。

TAIJIは高校に入学してからエレキギターを弾くようになりました。この頃はKISS(キッス)などのコピーバンドを始めていました。しかし、TAIJIは高校を中退してしまいます。

 

記録として残っているTAIJIの最初のバンドは「トラッシュ」です。1982年に結成したメタルバンドでTAIJIはギタリストとして活動していました。TAIJIが作曲したオリジナル曲を演奏してコンテストで優勝していますが、1983年に解散します。

TAIJIはその後「DEMENTIA(ディメンシア)」というバンドにて、「RAY(レイ)」名義でベースを弾きます。このバンドでの活動期間は1984年から1985年でした。

 

そして、1985年にTAIJIはYOSHIKIから熱烈なオファーを受けてXに加入します。当初TAIJIは音楽性が違うことから断ろうとしていましたが、TAIJIが指名するギタリストを入れるということを条件に正式に加入します。

Xは1987年にHIDE、1988年にPATAが加入して1989年にメジャーデビューします。しかし、TAIJIはその3年後の1992年1月31日にXから脱退します。

Xはその後「X JAPAN」に改名しHEATHが加入して、2009年にSUGIZOが加入しています。

TAIJIの音楽性

ベース

TAIJIのベースはテクニカルで上手だということで評判です。世界レベルのX JAPAN、LOUDNESSという伝説のバンドを渡り歩いているので当たり前ですね。それほどの技術があったということです。

こちらの動画にTAIJIのベースソロが残っていました。ベースに詳しくなくても、TAIJIのすごさが分かります。驚くような弾き方をしますね。

使用機材

TAIJIの使用機材は以下の通りです。

  • WB-80
  • KB-IMPULSS
  • スティングレイ
  • ジャズベース
  • KB-DESPERADO
  • KB-CRIMINAL
  • ジャズベース フレットレス
  • Killer W-NECK
  • KB-VULTURE FRETLESS
  • Killer Proto Type
  • Ovation
  • G-YOKE

TAIJIはKiller(キラー)のベースをよく使用していました。中でも自分がしたいプレイのために特注品を使っていました。

KillerからTAIJIモデルのベースが発売されています。

こちらの写真がそうです。

作曲

TAIJIが作曲してToshIが作詞を担当して、ToshI自身の劣等感について歌った作品が多いです。短い在籍期間ですが、名曲を生み出しています。

TAIJIが作曲した作品といえば、「VOICELESS SCREAMING」です。TAIJIがアコギとコーラスで参加しています。ギターもかなり上手です。

TAIJIが作曲したその他の代表作はこちらです。

PHANTOM OF GUILT

「PHANTOM OF GUILT」は1988年4月14日発売の1stアルバム「Vanishing Vision」に収録されている曲です。

ToshIのコンプレックスについて歌っています。最近は演奏されませんが、YOSHIKIのドラムがかっこいいです。

created by Rinker
¥19,900 (2021/12/08 12:37:31時点 Amazon調べ-詳細)

Desperate Angel

「Desperate Angel」は1991年7月1日発売の3rdアルバム「Jealousy」に収録されている曲です。アメリカンロックンロールという表現がぴったりです。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント
¥4,799 (2021/12/09 05:44:43時点 Amazon調べ-詳細)

Easy Fight Rambling

「Easy Fight Rambling」は1989年4月21日発売の2ndアルバム「BLUE BLOOD」に収録されている曲です。HIDEとTAIJIが原曲を作り、YOSHIKIとToshIがメロディを作った曲です。ハードロック調なのがいいですね。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント
¥2,491 (2021/12/09 05:58:19時点 Amazon調べ-詳細)

DEAR LOSER

「DEAR LOSER」は 1988年4月14日発売の1stアルバム「Vanishing Vision」に収録されている曲です。よくライブのオープニング曲で使われ、何かが始まる感じがすごく伝わってきます。

created by Rinker
¥19,900 (2021/12/09 01:34:31時点 Amazon調べ-詳細)

TAIJIのソロ活動

TAIJIはX脱退してすぐの1992年4月にLOUDNESS(ラウドネス)に加入します。しかし、契約上のトラブルから1993年11月に脱退します。

TAIJIは翌年1994年に「D.T.R」というバンドを結成してリーダーとして活動していましたが、1996年に活動休止してしまいます。その後のTAIJIは妻と離婚して、アルコールの過剰摂取や暴行の被害に合うなど人生のドン底を経験します。

 

その後、TAIJIは2000年に「CLOUD NINE(クラウドナイン)」を結成しますが、2001年に音楽性の違いを理由にすぐに脱退します。その後、妹のMAYOと一緒に「音風(おとかぜ)」を結成しますが、MAYOが脱退して活動休止してしまいます。

TAIJIは2006年にD.T.Rを再結成させますが、TAIJI自身が持病のてんかんや脳梗塞を発症して2009年に解散します。その翌年2010年に「TAIJI with HEAVEN’S」を結成しますが、2011年7月11日に死亡してしまいます。

TAIJIのプライベート

お墓の場所

TAIJIのお墓の場所は公開されていません。噂では千葉県にあるようですが、個人情報保護のために内密にされています。

ファンの方が気になる気持ちも分かりますが、やはり静かにしていた方が1番なのではないでしょうか。

病気があった?

TAIJIは持病としててんかんや脳梗塞を患っていました。それ以外にも2005年にバイク事故で足の靭帯を切断したり、2008年に大腿骨頭壊死(だいたいこっとうえし)を患ったりしています。緊急手術もしたことがあります。

また、2008年には転倒で胸を強打して入院します。その時は話すことや文字を書くこともできない状態でした。

交友関係

TAIJIは現LOUDNESSの山下昌良(やましたまさよし)と仲がいいです。TAIJIがLOUDNESSに加入する前に、TAIJIをLOUDNESSに推薦したのが山下昌良です。

TAIJIの愛用ブランド

TAIJIが愛用しているブランドは以下の通りです。

  • JAP工房

JAP工房 (ジャップ工房)はアクセサリーブランドです。ファンの情報によると、TAIJIはこのブランドを愛用していたそうです。

TAIJIのすっぴん画像はある?

Googleで「沢田泰司 すっぴん」等で調べると、TAIJIのすっぴん画像を確認できます。
普段はサングラスをかけていますね。

一方でTAIJIがいた頃の画像を検索してみると、メイクをしていたTAIJIの写真を見ることができます。美しいですね。

TAIJIの恋愛事情について

彼女がいた?結婚は?

TAIJIは1989年ごろに結婚をして、男と女、2人の子どもがいます。しかし、後に離婚します。

そして、TAIJIが亡くなる時に婚約者だったのが赤塚友美(あかつかともみ)という女性です。事実上の結婚状態で2009年から2011年までずっと一緒でした。

彼女しか知らないTAIJIのことを後に書籍として出版しています。

created by Rinker
¥4,722 (2021/12/09 01:34:32時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は元XのTAIJIについてご紹介しました。謎めいている雰囲気ですが、プライベートの情報も意外と開示されています。知れば知るほど素敵ですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

【X JAPAN】ToshIのプロフィール|洗脳から立ち直った高音ボーカルロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は洗脳から立ち直った高音ボーカル、X JAPAN...
【X JAPAN】YOSHIKIのプロフィール|ピアノも弾ける元祖V系ドラマーロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回はピアノも弾ける元祖V系ドラマー、X JAPAN...
【X JAPAN】HIDEのプロフィール|赤髪のエイリアンと呼ばれたギターロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は赤髪のエイリアンと呼ばれたギター、X JAPA...
【X JAPAN】PATAのプロフィール|病気を克服した巨人命のギタリストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は病気を克服した巨人命のギタリスト、X JAPA...
【X JAPAN】HEATHのプロフィール|謎めく寡黙なイケメンベーシストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は謎めく寡黙なイケメンベーシスト、X JAPAN...
【LUNA SEA】SUGIZOのプロフィール|X JAPANでも活躍中のギタリストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回はX JAPAN(エックスジャパン)でも活躍中の...
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。