V系アーティスト図鑑

【PENICILLIN】GISHOの現在とプロフィール|脱退理由はビジネス?

ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。

PENICILLIN(ペニシリン)は2000年前後にブレイクしたバンドのひとつです。このバンドのベースだったGISHO(ぎしょう)は現在、何をしているのでしょうか。

今回はそんなGISHOの現在や脱退した理由、プロフィールをご紹介します。

GISHOの現在

GISHOは2013年にHAKUEIのユニットである「ライチ☆光クラブ」に加入しましたが、GISHOは活動していないため、事実上、現在は活動を休止しています。

2016年にHAKUEIはGISHOの近況を紹介していました。GISHOは世界を飛び回ってビジネスをしているようです。

GISHOの脱退理由

GISHOはPENICCILINを脱退する前の2005年に「オメガプロジェクト・ホールディングス」の代表取締役社長に就任しています。

この会社の事業内容はレジャーやエンターテイメント事業です。おそらく、この社長業務と両立が難しくて脱退したのではないでしょうか。

 

また、GISHOはPENICCILIN脱退後、「現メンバーのマネジメント側に徹する」と言っていました。しかし、結局2010年6月に代表取締役も退任してしまいます。

GISHOの退任は、会社の総帥である横濱豊行(ヨコハマトヨユキ)が金融商品取引法違反で逮捕されたことが関係しています。

エンターテイメント事業の一環として数々の映画の制作を行ってきた同社でしたが、GISHOは経営に関する知識が乏しく、それをサポートしていたのが横濱豊行でした。横濱豊行なしでは事業が難しく、GISHOも退任したという説が一般的です。

 

また、PENICILLINのメンバーは前所属事務所「ティアーズ音楽事務所」から裁判を起こされています。

メンバーが楽器や音響機器、衣装、ファンクラブの会員名簿を持ち逃げしたということで訴えられたのですが、その背景には横濱豊行がいたと言われています。

もしかしたら巨大なお金や権力によって、GISHOはPENICILINから脱退、表舞台から消えてしまったという見方もあるようです。

GISHOのプロフィール

GISHOの基本情報

名前GISHO
担当ベース
愛称GISHOさん
本名近藤 宜彰(こんどうぎしょう)
生年月日1971年5月20日
血液型A型
身長180cm
出身地兵庫県出身
性格明るい
好きなもの情報なし
嫌いなもの納豆など
所属事務所現在無所属
家族構成情報なし
影響を受けたアーティストUP BEAT

GISHO(ぎしょう)はPENICILLIN(ペニシリン)の元ベーシストです。兵庫県出身、血液型はA型で身長180cmです。生年月日は1971年5月20日で、現在50歳です。

GISHOは納豆が嫌いなのは有名ですね。「昔、機材車に納豆のおにぎりかお寿司を誰かが置き去りにして、それを発見したGISHOがキレた」というエピソードが残っています。

GISHOのSNS情報

GISHOはSNSをやっていません。脱退から時間が経っているので、公式サイトのプロフィールからも消えています。プライベートな情報を知るのは難しそうですね。

HAKUEIがまたGISHOの近況を報告してくれるのを待ちましょう。

バンド経歴

  1. PENICILLIN(GISHO)
  2. STAR MAN(SOXX)
  3. ライチ☆光クラブ(GISHO)

GISHOのバンドの経歴はこのようになっています。

生い立ちから加入まで

GISHOは兵庫県出身です。GISHOは自分のことを話すのがあまり得意ではなく、幼い頃のエピソードは残っていません。ただし、引越しをよく経験していて、関西弁と名古屋弁が混ざってしまいました。

GISHOの引越しエピソードは「PENICILLIN光跡」という書籍に詳しく載っています。

created by Rinker
¥93 (2021/08/05 08:42:15時点 Amazon調べ-詳細)

また、GISHOは80年代のアイドルを中心とした邦楽を中心に聴いて育ちました。

 

GISHOは高校卒業後、東海大学政治経済学部に進学します。そして、1992年にボーカルのHAKUEI、ギターの千聖(ちさと)、ドラムのO-JIRO(おーじろう)と一緒にPENICCILINを結成します。

ちなみに当時、GISHOはステージネームを「アリス」と「アリサ」のどちらにするかで悩んでいたこともあります。また、結成した頃は神奈川県の本厚木にて、メンバー全員でティッシュ配りのバイトをしていました。

そして、PENICCILINは1996年にメジャーデビューをしますが、GISHOは2007年の「GISHORIX REVOLUTION NEVER ENDING STORY」公演をもって、本人の意向で脱退します。

GISHOは脱退してからメンバーと一緒にステージに立っているので、不仲というわけではないようです。

GISHOの音楽性

ベース

GISHOは派手なベースプレイをしています。特にライブでは回りながらベースを弾いていて、アグレッシブです。

こちらはPENICILLINのヒットソング「ロマンス」です。派手なベースラインではないですが、逆にシンプルな曲の構成でベースの低音がよく聴こえます。普通に立って弾いているだけでもGISHOはカッコいいですね。

使用ベース

  • ESP

GISHOは「ESP」のベースを使用しています。ESP内の「EDWARDS(エドワーズ)」というブランドラインからGISHOモデルが出ています。しかし、すでに販売終了になっていて、オークションで売られているのみです。

こちらはGISHOモデルと同じメーカーのESPのベースです。

作曲

GISHOは作曲をしていますが、作曲のクレジットがGISHOとなっているのは「Melody」1曲のみです。他の作品はクレジットがPENICCILINとなっています。

「こんなに派手でいいのか?」と思ってしまうほど、ベースが冒頭からカッコいい曲です。曲全体もダークで90年代初期のビジュアル系っぽさを感じます。

GISHOのソロ活動

STARMAN

「STARMAN(スターマン)」は1999年に結成されたユニットです。2000年に活動を休止して、2004年に再始動しますが、2007年に解散します。メンバーは以下の通りです。

  • ボーカル:O.J(PENICILLIN)
  • ボーカル:MICHI(Sleep My Dear)
  • ギター:ROXX(Sleep My Dear)
  • ベース:SOXX(PENICILLIN)
  • ドラム:DOXX(Sleep My Dear)

GISHOは「SOXX(ソックス)」名義で活動しています。また、O-JIROは「O.J」という名義でボーカルを担当しています。過去には東京の六本木、大阪、福岡でライブをしていた記録があります。

STARMANの公式サイトなどはすでになくなっています。

ライチ☆光クラブ

劇団東京グランギニョルが1985年に上演した舞台を古屋兎丸(ふるや うさまる)が描いたマンガ「ライチ☆光クラブ」があります。この世界を音楽で表現するために結成されたユニットがライチ☆光クラブです。2011年に結成されました。

GISHOは2013年にライチ☆光クラブに加入します。加入した理由は「ライチ☆光クラブのコンセプトに共感したから」です。しかし、GISHOは事実上、活動を休止しています。

また、過去のツアーではベースにNi〜ya(NIGHTMARE)、ドラムにLEVIN(La’cryma Christi)が登場したこともあります。

 

GISHOは加入してから2曲ほど作曲しています。HAKUEIはGISHOが作曲した作品を「初期のPENICILLINの雰囲気がある」と言っています。

「赫煉墨(カクレンボ)」という曲です。GISHOが作曲してHAKUEIが作詞しています。メタルチックな曲でカッコいいです。

「灰色の迷宮」という曲でGISHOが作曲してHAKUEIが作詞しています。幻想的なビジュアル系という感じがしてコテコテのビジュアル系が好きな人におすすめです。

「赫煉墨」「灰色の迷宮」の2曲は「奇奇怪怪(ききかいかい)」というアルバムに収録されています。

created by Rinker
Tamula
¥2,079 (2021/08/05 09:40:24時点 Amazon調べ-詳細)

GISHO個人の活動

GISHOは「大滝純(おおたきじゅん)」という名前で俳優、監督デビューをしています。また、大滝純という名前でCDも過去に出しています。

created by Rinker
パイオニアldc
¥1 (2021/08/05 09:40:25時点 Amazon調べ-詳細)

GISHOは1998年にVシネマ「新・湘南爆走族 荒くれKNIGHT」、1999年にテレビドラマ「救急ハート治療室」に出演しています。

また、2004年に映画「Run-ing」「狼少女〜Day After Tomorrow〜」で監督デビューをしています。

その他、映像クリエイターとして映像雑誌などで連載をしていました。

GISHOのプライベート

資格マニア

GISHOは資格マニアとして知られています。危険物取扱、教員、銀行簿記、スタントマンといった資格を持っています。スタントマンの資格は映画俳優として役立ちそうですね。また、教員免許を持っているというのも意外です。

交友関係

GISHOは元media youthのHIROKIと交流があります。HIROKIはGISHOが脱退した後にPENICILLINのサポートベースを務めています。HIROKIのブログにもGISHOが登場していました。

GISHOの愛用ブランド

GISHOが愛用している特定のブランドは見当たりませんでした。

しかし、現PENICILLINの衣装は「危機裸裸商店(ききららしょうてん)」で取り扱いがあります。GISHOが着用していた衣装とテイストも近いアイテムがたくさんあります。

日常生活で着るのは難しいですが、ライブなどに着て行けそうですね。

GISHOのすっぴん画像はある?

Googleで「GISHO すっぴん」等で調べると、GISHOのすっぴん画像を確認できます。GISHOも「イケメン」「カッコいい」とよく言われますね。

また、デビュー当時の画像を見ると昔のGISHOが確認できます。昔から美形ですね。ビジュアル系のメイクがよく似合う顔立ちです。

GISHOの恋愛事情について

彼女がいる?結婚は?

さて、最後にファンのみなさんが気になる恋愛事情について調べてみましょう。GISHOの恋愛に関する情報はありませんでした。

私たちはそっと見守りましょう。

まとめ

今回はGISHOについてご紹介しました。謎めいている雰囲気ですが、プライベートの情報も意外と開示されています。知れば知るほど素敵ですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

【PENICILLIN】HAKUEIの現在とプロフィール|独特な歌声のボーカルロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 PENICILLIN(ペニシリン)は2000年前後に...
【PENICILLIN】O-JIROの現在とプロフィール|音にこだわるドラマーロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 PENICILLIN(ペニシリン)は2000年前後に...
【PENICILLIN】千聖の現在とプロフィール|何でも弾けるギタリストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 PENICILLIN(ペニシリン)は2000年前後に...
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。