V系バンド図鑑

【雨や雨】ex.MoranのHitomiとアーバンギャルドのおおくぼけいによる異色ユニット

みなさん、こんにちは。

バンギャのためのV系バンド(ヴィジュアル系)情報まとめサイト『ヴィジュアリズム宮殿』です。

メンバーのプロフィール、メイク、ファッション、髪型のことを盛り込んでもっと好きになるような情報を中心にお届けしております。

今回はex.MoranのボーカルHitomiとアーバンギャルドのキーボードおおくぼけいで結成されたユニット「雨や雨(あめやさめ)」についてご紹介します

雨や雨の基本情報

雨や雨とは

活動期間2016年~現在
V系カテゴリオサレ系
音楽性メロディアスな歌モノ
所属事務所SPEED DISK

雨や雨(あめやさめ)は2016年にボーカリストのHitomi、キーボーディストのおおくぼけいによって結成されたユニットです。

2016年の始動当初はピアノとボーカルのみというシンプルな構成の楽曲リリースとライブを行っていていましたが、2019年からはロックやジャズサウンド等をアレンジに加え、新たな雨や雨の一面を打ち出しています。

メンバー

  • ボーカル:Hitomi(ひとみ)
  • ピアノ・キーボード:おおくぼけい

ボーカル:Hitomi

3月30日生まれ。血液型A型。

ヴィジュアル系バンドのFatima、Moranのボーカルを経て、現在は雨や雨の他に自身のソロプロジェクトであるウミユリでも活動をしています。

雨や雨の楽曲の歌詞はすべてHitomiが担当しています。

ピアノ・キーボード:おおくぼけい

10月12日生まれ。

“トラウマテクノポップ”をコンセプトに活動中のアーバンギャルドというバンドでキーボードを担当しています。

音楽シーンでも一際異彩を放つアーバンギャルドですが、その中心メンバーであるおおくぼけいの音楽性と活動の幅は多岐に渡ります。

雨や雨ではメインコンポーザーとして作曲・編曲を手掛けています。

雨や雨の音楽性

音楽性

耳障りの良いメロディー重視の歌モノをベースにピアノとボーカルのみで構成された楽曲や、ロックやジャズ、テクノポップなどのアレンジを取り入れた楽曲など幅広い音楽性が特徴です。

Hitomiが手掛ける歌詞の世界観は前バンド時代から変わらず独創的で複雑な詞世界になっていて、雨や雨の楽曲にマッチしています。

こちらは雨や雨の1stアルバム「切り雨」の視聴動画です。

雨や雨としては初となるフルアルバムで、2019年8月に発売されました。

ピアノとボーカルだけで構成された会場限定シングル曲「ぴあとぅり」と「リトルスカイハイツ」はピアノ以外の楽器も加わり、より豪華にアレンジが施され聴きごたえがあります。

こちらは2020年8月にライブ会場、通信販売限定で発売されたシングル「雨に沈む」のジャケットです。

表題曲の「雨に沈む」は切ないバラードで、しっとりとしたHitomiの歌声と雨を連想させる歌詞とおおくぼけいのピアノの音色が心地よいです。

リリース記念配信ワンマンライブも行われました。

こちらは2021年9月6日に発売されたばかりのミニアルバム「濁水に浮かぶ」のジャケットです。

「雨に沈む」に続く三部作の二作目にあたる作品で4曲収録のミニアルバムになっています。

これまでの雨や雨の楽曲としては珍しいテクノサウンドも実験的に取り入れられていて、雨や雨の新境地が垣間見れます。

バンド編成ありの2部構成という新たな試みでレコ発ライブも行われました。

雨や雨のビジュアル

基本的に黒や白などのモノトーンでシックなデザインの衣装が多いです。

クラシカルでゴシックな雰囲気の2人ですが、雨や雨の写真集「FLOOD」では、おおくぼけいと同じアーバンギャルドのメンバーでアパレルブランドも手掛けている浜崎容子をプロデューサーに迎え今までの雨や雨からは想像できないほど派手な衣装に身を包んだ2人が掲載されています。

こちらがその時の写真です。

メイクも普段より濃いめでサイケデリックな雰囲気を醸し出しています。

Lidar(リダー)
Lidar(リダー)
挑戦的な雰囲気の雨や雨も新鮮で魅力的ですね。

ライブパフォーマンス

雨や雨のライブはホールでグランドピアノとボーカルの構成で開催されることもあれば、ライブハウスで電子ピアノとボーカル、またはバンド編成で開催されることもあります。

雨や雨ならではの毎回違う凝った演出と演奏で観客は雨や雨の世界観にどっぷりと浸ることができます。

最近では映像技術を駆使したドラマティックな演出も見どころの一つで、配信ライブでも充分に雨や雨の魅力が伝わってきます。

ライブで演奏する楽曲も毎回バラエティに富んでいます。

雨や雨の楽曲の他に、Hitomiが在籍していたFatimaの楽曲やおおくぼけいの在籍しているアーバンギャルドの楽曲がセットリストに組み込まれることもあり2人のファンにとっては嬉しいサプライズです。

その他Hitomiが好きな宝塚の楽曲を雨や雨のアレンジで演奏することもあります。

雨や雨のエピソード

公式グッズの種類が豊富

雨や雨は通信販売やライブ会場で様々なグッズを取り扱っていて、中には雨や雨2人のアクスタもあります。

他には傘、トートバッグ、折り畳みミラー、バニティポーチ、タオルなど普段使いできるデザインで実用性の高い商品が多いです。

Lidar(リダー)
Lidar(リダー)
おしゃれで可愛いデザインですね。

グッズではないですが、雨や雨とうさぎ帝国のコラボLINEスタンプも2021年9月から販売されました。

https://store.line.me/stickershop/product/16702915

Hitomiの遅刻の言い訳スタンプはHitomi本人が本当に言っていそうな台詞です。

雨や雨の活動

活動履歴

2016年8月6日に浜離宮朝日ホールで初ワンマンライブを開催。
同日1stシングル「俄雨」を会場限定で発売。

2017年5月13日に羽田TIAT SKY HALLで2度目のワンマンライブを開催。

2018年5月4日に初の食事付きコンサート「食や雨」をラドンナ原宿で開催。

2019年6月28日にPetit MOAでワンマンライブを開催。

2019年8月4日にすみだトリフォニーホール小ホールでイベント「雨だの恋だの 愛だの死だの」を開催。

2019年8月7日に1stフルアルバム「切り雨」・「霧雨」(会場限定版)をリリース。

2019年8月から雨や雨初の全国ツアー「真夏の切り雨、通り雨」を開催。

2020年1月10日に角筈区民ホールでイベント「雨だの恋だの 愛だの死だのVol.2」を開催。

2020年2月7日にプラネタリウムスペシャルコンサート「そして流れ着く場所」を開催。

2020年7月8日に初の配信ワンマンライブ「デジや雨」を開催。

2020年8月26日にレコ発配信ワンマンライブ「雨に鎮む〜シン・デジや雨〜」を開催。
同日、会場と通販限定で2ndシングル「雨に沈む」をリリース。

2020年10月11日にHitomiとおおくぼけいの生誕を祝う3度目となる配信ライブ「祝や雨〜三度目の正直」を開催。

2020年12月18日にクリスマススペシャル配信ライブ「デジや雨:スピンオフ 聖なる夜へと続く雨」を開催。

2021年2月20日に写真集FLOOD完成記念配信ライブ「雨溢れ、雨溺れ」を開催。

2021年3月31日に高田馬場AREAでウミユリ×雨や雨2マンライブ「Last Birthday at AREA」を開催。

2021年9月6日に会場、通販限定で1stミニアルバム「濁水に浮かぶ」をリリース。

2021年9月7日に高田馬場AREAでレコ発記念2部構成スペシャルワンマンライブ「透過の過程」を開催。

雨や雨のまとめ

今回は雨や雨についてご紹介しました。

ヴィジュアル系シーンの中でも異彩を放つユニット雨や雨。

安定したHitomiのボーカルと存在感のあるおおくぼけいのピアノを軸に様々な音楽性を取り入れたクオリティの高い作品を生み出し続けています。

2021年10月には何と東京タワーでスペシャルライブの開催が決定しました。

常に新しいことに挑戦し続ける彼らの今後の活動に期待したいです。

ディスコグラフィー

発売順タイトル発売日
1stシングル俄雨2016年8月6日
1stフルアルバム切り雨(流通盤)/霧雨(会場限定版)2019年8月7日
2ndシングル雨に沈む2020年8月26日
1stミニアルバム濁水に浮かぶ2021年9月6日

ライブ

日程タイトル会場
2016年8月6日「枯渇した胸に降るものは」浜離宮朝日ホール
2016年9月26日「@tree showtent.16 ~ACOUSTIC SPECIAL~」高田馬場AREA
2017年5月13日 「心乱れ、五月雨」羽田TIAT SKY HALL
2018年5月4日食事付きコンサート 「食や雨」ラドンナ原宿
2019年6月28日Petit MOAプレオープン記念「梅雨」新宿Petit MOA
2019年8月4日「雨だの恋だの 愛だの死だの」すみだトリフォニーホール小ホール
2019年8月9日~8月27日ツアー「真夏の切り雨、通り雨」8/9 福岡DRUM SON
8/17 札幌マルチスペース・エフ
8/18 札幌マルチスペース・エフ
8/26 大阪music bar S.O.Ra
8/27 名古屋ell.SIZE
2020年1月10日「雨だの恋だの 愛だの死だのVol.2」角筈区民ホール
2020年2月7日プラネタリウムスペシャルコンサート「そして流れ着く場所」ギャラクシティまるちたいけんドーム
2020年7月8日「デジや雨」配信ライブ
2020年8月26日「雨に鎮む〜シン・デジや雨〜」配信ライブ
2020年10月11日「祝や雨〜三度目の正直」配信ライブ
2020年12月18日「デジや雨:スピンオフ 聖なる夜へと続く雨」配信ライブ
2021年2月20日「雨溢れ、雨溺れ」配信ライブ
2021年3月31日ウミユリ×雨や雨2マンライブ「Last Birthday at AREA」高田馬場AREA
2021年9月7日「透過の過程」高田馬場AREA
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。