V系アーティスト図鑑

【SOPHIA】赤松芳朋の現在とプロフィール|今は新しいバンドで活動中

ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。

SOPHIA(ソフィア)といえば、ポップな音楽性で有名になったバンドです。このバンドのドラムだった赤松芳朋(あかまつ よしとも)は現在、何をしているのでしょうか。

プロフィールと合わせてご紹介します。

赤松芳朋の現在

現在、赤松芳朋(あかまつ よしとも)はバンドをいくつか組んで音楽活動をしています。

Signal mode

Signal mode(シグナルモード)は2019年から活動をしているロックバンドです。元は「S.R.O.D」というバンドで、名前を「Signal mode」に変更しました。メンバーは以下の通りです。

  • ボーカル:マサキィ
  • ギター:Shin
  • ベース:Tac
  • ドラム:朋(SOPHIA)

現在では楽曲制作を行いつつ、定期的にバンドのライブをしています。2019年には名古屋での地方ライブも行っています。

アルバムの予告映像がYouTubeにありました。ロックな曲調ですが、聞きやすい作品になっています。

もし、最新情報が気になる方はSignal modeのTwitterを見てみることをおすすめします。

HATAKE BAND

HATAKE BAND(はたけばんど)はシャ乱Qのリーダーであるはたけが2010年に結成したバンドで、音楽ジャンルなどあらゆる枠にとらわれない活動を行っています。たとえば、国際文化交流やボランティア活動などです。

メンバーは以下の通りで、国内外で活躍するメンバーが集まっています。

  • ボーカル:伊丹谷良介
  • ギター:はたけ(シャ乱Q)
  • ギター: 水野新太郎
  • ベース:ともひろ
  • DJ:djhonda
  • キーボード:HEYSKE
  • ドラム:赤松芳朋(SOPHIA)

YouTubeに動画がありました。

通常のバンドに加えて、キーボードやDJがいるので音楽の幅は広がっています。まさにカテゴライズ不能な楽曲を演奏しているのではないでしょうか。

最近では2018年に夏フェスに出演しています。メンバーのスケジュールを揃えるのが大変そうなので、活動の日程は限られますが、もし、最新情報を知りたい場合はHATAKE BANDの公式サイトをチェックしてみてください。

BLUEVINE

BLUEVINE(ブルーバイン)は3ピースのロックバンドで、2018年に結成されました。メンバーは豊富な音楽キャリアがあって、これまでの音楽活動で培ってきた音楽であるROCK、POPS、ビジュアル系の枠にハマらない音楽をこのバンドで生み出しています。

メンバーは以下の通りです。

  • ボーカルギター:生熊耕治(cune)
  • ベース:AKI(Sadie/AXESSORY)
  • ドラム:赤松芳朋(SOPHIA)

実際に曲を聴いてみましょう。

2020年3月28日に配信販売された「モーニングスター」という曲です。曲調的には若い10代が聴きそうなくらいポップですが、一方でBLUEVINEの3人の大人な雰囲気が出ている演奏も魅力的です。

「BIRTHDAY」は2020年3月18日に発売された1stミニアルバム「RAINDROP」に収録されている曲です。優しいけど、力強いロックバラードです。不思議で幻想的な気分になります。

もし、最新情報を知りたい場合は以下のサイトをチェックするのがおすすめです。

 

ソロ活動

赤松芳朋はソロ活動の一環としてサポートドラムやドラムレッスンの開講をしています。サポートとしては現在BLUEVINE所属の生熊耕治(いくまこうじ)のソロライブでドラムを叩いていました。

また、長野県や愛知県で赤松芳朋が直接指導を行うドラムレッスンを開講しています。ドラムの楽しさを知ってもらうために、老若男女全ての人にマンツーマンで指導を行っています。

少し前には音楽の専門学校でドラム講座の講師を務めていました。

赤松芳朋のプロフィール

赤松芳朋の基本情報

名前赤松芳朋
担当ドラム
愛称トモ
本名赤松芳朋(あかまつ よしとも)
生年月日1974年05月27日
血液型B型
身長167cm
出身地兵庫県加古郡播磨町
性格一人でも平気な性格
好きなものとうもろこし
嫌いなもの目玉焼き
所属事務所Sierra promotion?
家族構成情報なし
影響を受けたアーティストBOØWY、ZIGGY、D’ERLANGERなど

赤松芳朋は1994年から2013年までSOPHIAのドラマーとして活動していました。SOPHIAは後輩バンドに大きな影響を与えたバンドで、ポップでメロディアスなサウンドが武器です。

赤松芳朋の本名は「赤松芳朋(あかまつ よしとも)」で活動している時の名前と同じです。また、生年月日は1974年05月27日で年齢は47歳であり、身長は167cmです。一般的な男性と同じくらいの身長ですね。

一般的な身長でも赤松芳朋はパワフルなドラミングをしていますね。また、SNSなどの文面を見ると、すごく親しみやすい文章で投稿をしていて人柄のよさを感じます。

赤松芳朋のSNS情報

赤松芳朋はTwitterとFacebookをやっています。

情報を見るのならスタッフのTwitter、赤松芳朋のプライベートな一面を知りたいなら本人のTwitterがよさそうですね。

バンド経歴

  1. KANON(名前不明)
  2. SOPHIA (赤松芳朋)
  3. HATAKE BAND(赤松芳朋)
  4. MICHAEL(赤松芳朋)
  5. S.R.O.D. (赤松芳朋)
  6. BLUEVINE(朋)
  7. Signal mode(赤松芳朋)

赤松芳朋のバンドの経歴はこのようになっています。

生い立ちからSOPHIA加入まで

赤松芳朋は兵庫県 加古郡播磨町(かこぐんはりまちょう)出身です。赤松芳朋は実家で家族に「よし」と呼ばれる一方、学生時代には友人から「あかまつ」と呼ばれていて、ファンから「よし」「あかまつ」と呼ばれると変な感じがするそうです。

そのため、現在ではステージ上で「とも」とファンに呼んでもらうことを求めています。

赤松芳朋は学生時代、ブラスバンドでパーカッションを担当していました。しかし、中学2年生の時にBOØWY(ボウイ)のコピーバンドをしたことがきっかけで、ドラムを叩き始めます。

 

記録として残っている赤松芳朋の最初のバンドは「KANON(かのん)」ですが、活動時期や担当パートは不明です。

一方で1994年にボーカルの松岡充(まつおかみつる)、ギターの豊田和貴(とよた かずたか)、キーボードの都啓一(みやこけいいち)の3人がSOPHIAを大阪で結成します。

そして、すぐにSOPHIAに赤松芳朋と黒柳能生(くろやなぎよしお)が加入し現在のSOPHIAメンバーとなります。

 

赤松芳朋は当時を振り返って、「自分が20歳の時にSOPHIAとして上京したけど、何もかもが分からなかった」と言っています。貯金は2、30万円しかなくて上京後はバイトをしなければならなかったのですが、すぐに運よく事務所が決まりました。

それからずっと、赤松芳朋は2013年の8月12日の日本武道館公演までSOPHIAのドラマーとして活動していました。

赤松芳朋の音楽性

ドラム

赤松芳朋はドラム担当です。赤松芳朋はブレないリズムキープが上手で、一緒にバンドをやってみると歌いやすいドラムプレイだという評判があります。

ドラムは生音が大きいので他の楽器やボーカルの音を殺してしまいがちですが、赤松芳朋はそのコントロールが上手です。

「cod-E~Eの暗号~」という曲です。音量の調整などは当然行っていますが、パワフルなドラムな一方で他の楽器の邪魔していない叩き方をしています。技術力が高いですね。

使用ドラム

  • Pearlのドラム

赤松芳朋は「Pearl(パール)」というメーカーのドラムを使っています。ビジュアル系でも多くのミュージシャンがPearlのドラムを使用していて、定番のメーカーです。

こちらは赤松芳朋がTwitterで公開していた実際に使用しているドラムです。

作曲

SOPHIAの曲は作曲に関してはメンバー全員が行い、作詞は松岡充が担当しています。しかし、赤松芳朋が作曲した曲は1曲しかなく、赤松芳朋と松岡充の共作で、「鈴蘭」と言う曲です。YouTubeやAppleMusicでの配信はありません。

「鈴蘭」は非常にゆったりした曲でひとりで落ち着きたい時に聴くとぴったりです。どことなく、LUNA SEAのバラードに似ていて幻想的な雰囲気を感じる曲です。

2001年3月7日年発売の4thアルバム「進化論」に収録されています。

created by Rinker
Toysfactoryレコード
¥1,568 (2021/12/01 10:17:58時点 Amazon調べ-詳細)

赤松芳朋のソロ活動

赤松芳朋は現在、Signal modeHATAKE BANDBLUEVINEという3つのバンドで活動しています。また、SOPHIAを解散してからはMICHAEL(ミカエル)というバンドで活動していたことがあります。

MICHAEL

MICHAELは2013年に結成されたロックユニットです。

SOPHIAのメンバーであるボーカルの松岡充とギターの豊田和貴、ドラムの赤松芳朋で結成されました。しかし、2015年に赤松芳朋は脱退してしまい、現在はボーカルの松岡充とギターの豊田和貴のふたりで活動しています。

 

赤松芳朋は脱退する時、「メンバーの不仲や音楽性の違いではなく、それ以外で納得できないことがあった」というコメントをしています。

しかし、SOPHIAが活動休止をしてから立ち上げたMICHAELでも分裂が起きたというのは不安になるファンも多いでしょう。

その後、赤松芳朋はMICHAELについて言及していませんが、「SOPHIAをまたやりたい」と言っています。不仲ならSOPHIAは解散するはずですが、またやりたい意思があるなら不仲ではないでしょう。

時間が経って、ファンの不安が消えるといいですね。

赤松芳朋のプライベート

太鼓の達人が得意

2012年に赤松芳朋はテレビ番組「関ジャニ仕分け∞」に出演してインパクトを残したことから「太鼓の達人の人」というのが定着してしまいました。

小学生からも顔だけ覚えられるようになったみたいです。

出身高校はどこ?

赤松芳朋の出身校は兵庫県にある「自由ヶ丘高等学校」です。もともと、日生学園第三高等学校という名前でしたが、2015年に名前が変わりました。陸上競技やバスケットボールが強い学校です。

ちなみにダウンタウンの浜田雅功(はまだまさとし)が通っていたのは「日生学園第二高等学校(現:青山高等学校 )」で系列の高校です。

交友関係

赤松芳朋はミュージシャンと仲がいいです。たとえば、元L’Arc〜en〜CielのSakuraと仲がいいです。

また、SOPHIAメンバーの中では、都啓一と仲がいいようです。

SOPHIAが活動を休止してからも交流が目立つメンバーですね。

赤松芳朋の愛用ブランド

赤松芳朋が愛用しているブランドは公開されていませんでした。しかしながら、過去に赤松芳朋が衣装として着用していたブランドなら公表されていました。ブランドは「goa(ゴア)」です。

goaはロックなアイテムを取り扱っていましたが、現在では閉店しています。

赤松芳朋のすっぴん画像はある?

Googleで「赤松芳朋」等で調べると、赤松芳朋のすっぴん画像を確認できます。 現在はほぼメイクしていません。

また、デビュー当時の画像を見るとメイクをしていた赤松芳朋を見ることができます。若い頃はキラキラ系で今と系統が違い、今と違った魅力があります。

赤松芳朋の恋愛事情について

彼女がいる?結婚は?

さて、最後にファンのみなさんが気になる恋愛事情について調べてみましょう。赤松芳朋の結婚に関する情報はないようです。本人も言及していません。しかし、元メンバーの都啓一や松岡充は結婚しているので、結婚していて不思議ではありません。

この辺りは謎に包まれています。私たちは見守っておくべきですね。

まとめ

今回はSOPHIAの赤松芳朋についてご紹介しました。謎めいている雰囲気ですが、プライベートの情報も意外と開示されています。知れば知るほど素敵ですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

【SOPHIA】松岡充の現在とプロフィール|今はMICHAELやドラマで活躍ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 SOPHIA(ソフィア)といえば、ポップな音楽性で有...
【SOPHIA】豊田和貴の現在とプロフィール|今はMICHAELのギタリストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 SOPHIA(ソフィア)といえば、ポップな音楽性で有...
【SOPHIA】都啓一の現在とプロフィール|今はRayflowerのキーボードロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 SOPHIA(ソフィア)といえば、ポップな音楽性で有...
【SOPHIA】黒柳能生の現在とプロフィール|今はラーメン屋を閉店撤退ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 SOPHIA(ソフィア)といえば、ポップな音楽性で有...
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。