V系アーティスト図鑑

【NOCTURNAL BLOODLUST】尋(ヒロ)のプロフィール|多彩なデスボイスを駆使する筋肉ボーカリスト

みなさん、こんにちは。

バンギャのためのV系バンド(ヴィジュアル系)情報まとめサイト『ヴィジュアリズム宮殿』です。

メンバーのプロフィール、メイク、ファッション、髪型のことを盛り込んでもっと好きになるような情報を中心にお届けしております。

今回はNOCTURNAL BLOODLUST(ノクターナルブラッドラスト)でボーカルを担当する尋(ヒロ)についてご紹介します。

ノクブラ 尋のプロフィール

尋の基本情報

名前尋(ヒロ)
担当ボーカル
愛称ひろぽん
本名不明
生年月日?年11月28日
血液型O型
身長170cm代前半?
出身地兵庫県
家族構成3人兄弟
影響を受けたアーティスト西川貴教、Korn、Limp Bizkit、System of A Down、Lamb of God等

尋(ヒロ)はNOCTURNAL BLOODLUST(ノクターナルブラッドラスト)のボーカリストです。

NOCTURNAL BLOODLUSTは高い演奏力とアグレッシブなライブパフォーマンスが持ち味のバンドで、ノクブラの略称で親しまれています。

結成当初は非ヴィジュアル系バンドとしてハードコアシーンで活動していましたがヴィジュアル系に転向し、幾度かのメンバーチェンジを経て現在も活動中です。

尋はNOCTURNAL BLOODLUST結成当初である2009年からのメンバーです。

外見のインパクトやライブでオーディエンスを煽る姿から一見怖そうに見えますね。

しかしSNSの投稿を見るとそんなことはなく、気さくでノリの良い人物です。

尋のSNS情報

尋はTwitterとInstagramをやっています。

インスタはアカウントが2つあります。

所属するレーベルが変わった2019年にアカウントを作り直しており、古いアカウントは稼働させていません。

以前使っていたアメブロのアカウントが残っていますが、2015年11月を最後に更新は止まっています。

しかしながら、ヴィジュアル系としての活動初期であった2012年からの投稿が残っています。過去の活動歴を知りたい人はチェックしてみると、意外な一面が知れるかもしれませんよ。

・旧Instagramアカウント

・アメブロアカウント

バンド経歴

2009年9月~現在NOCTURNAL BLOODLUST

公式な活動記録として確認できたのはNOCTURNAL BLOODLUSTでの活動だけですが、尋が初めてバンドを組んだのは中学2年生の頃。

小さいころテレビでT.M.Revolutionの「HEART OF SWORD~夜明け前~」が流れているのを聞いて、歌っている西川貴教の人柄の良さとカリスマ性に惹かれたのがボーカルを志したきっかけだと、ブログで語っています。

その後アメリカのシアトルにある大学へ留学しており、現地でもバンドを組んで活動していたようです。

帰国に伴って新たなメンバーを探していたところ、NOCTURNAL BLOODLUSTの元メンバーであるCazqui(カズキ)が尋にコンタクトを取り、加入する流れとなりました。

NOCTURNAL BLOODLUSTというバンド名は尋がアメリカ留学時代に組んでいたバンド名をそのまま使用しているとのことです。

バンドメンバーの度重なる脱退を経て

NOCTURNAL BLOODLUSTは幾度かのメンバーチェンジを経て現在の体制になっていますが、その過程は波乱に満ちています。

2018年12月には所属レーベルとの金銭を巡るトラブルが原因でCazqui(カズキ)、Daichi(ダイチ)の2名のギタリストが脱退。

その後2019年4月にはギタリストのLin(リン)を加え、新体制での初ライブを間近に控えた8月にLinの不祥事が発覚。ライブは中止となり、Linは一度もステージに立つことなく脱退します。

とあるインタビューでは「バンドをやるのって、ここまで難しいもんなのか?」と思ったと、当時の心境を語っています。精神的に相当参っていたようです。

2020年10月にはYu-taro(ユウタロウ)、Valtz(ヴァルツ)の2名のギタリストを迎えて活動を再開したNOCTURNAL BLOODLUST。

どん底を経験し、それでもバンドを続けることを選んだ彼らの今後の活動に期待ですね。

ノクブラ 尋の音楽性

多彩なデスボイスを使い分けるボーカリスト

NOCTURNAL BLOODLUSTの特徴として楽器隊の技術の高さが挙げられますが、それに引けを取らないのがボーカルである尋のデスボイスやシャウト。

その迫力を存分に堪能できるMVをピックアップしました。

最もポピュラーなデスボイスと言われるグロウルボイスやガラテルボイスは勿論、高音域のスクリームや合間に挟まれるクリーンボイスと、同一人物が歌っているとは思えないようなバリエーションです。

大御所のヴィジュアル系バンドと比較しても、ここまでデスボイスを使い分けるボーカリストは滅多に見られません。

Cazquiが尋をバンドに誘ったのも、「シャウトができるボーカリストはたくさんいるが、ここまで色々な声を使い分けるボーカリストはなかなかいない」というのが決め手のようでした。

まさに自身の声を楽器として操る、デスボイスのスペシャリストと言っても良さそうです。

Lidar(リダー)
Lidar(リダー)
人間ってこんな声が出せるんですねぇ…すごい迫力です。

サンリオピューロランドの「オバケゾンビランド」とコラボ

サンリオピューロランドでは、「オバケンゾンビランド in サンリオピューロランド」というイベントを毎年開催しています。

毎年チケットが完売するという人気っぷりで、関東最大級のホラーイベントとも言われています。

このイベントの2019年開催時の告知動画には、なんと尋がボーカルとして参加しています。

低音のデスボイスが世界観にマッチしています。自身の歌声がこのような形でコラボするとは、本人も驚いたでしょうね。

ノクブラ 尋のプライベート

筋肉モリモリの筋トレマニア!

写真を見て頂ければわかる通り、尋はかなりガッチリした体格をしています。

MUCCのボーカル、逹瑯(たつろう)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」では、筋トレを始めたきっかけについて話していました。

なんでも尋が中学2年生くらいのころ、父親がいきなり「鍛えろ」とベンチプレスを買ってきたそうです。

鍛え始めたばかりの頃はガリガリだったとのこと。今の尋からは考えられませんね。

また、尋は24時間営業のジム、『エニタイムフィットネス』のユーザーです。

エニタイムフィットネスは会員登録さえしていれば全国各地にある施設に出入りできるというシステムを取り入れており、ライブツアー中でも『聖地巡礼』と称して現地のジムに行ってトレーニングをしています。

TV番組「マツコの知らない世界」ではヴィジュアル系×筋肉と紹介されるほどでした。

活動初期から筋肉質ではありましたが、年々筋肉が大きくなっているようにも見えます。バンドの活動はもちろんですが、尋の筋肉の成長からも目が離せませんね。

Lidar(リダー)
Lidar(リダー)
すごい筋肉!バンドマンといえば細身のイメージですが、いい意味でヴィジュアル系らしからぬ肉体美です。

拡張したピアスホールがインパクト大!

尋の両耳たぶには、かなり大きなピアスホールが開いています。

ペットボトルの蓋くらいは裕にありそうなサイズです。

一般的なサイズのピアスホールから拡張していくとすると、ここまで持ってくるのに軽く1年以上はかかっているのではないか?というほどの大きさ。

NOCTURNAL BLOODLUSTの活動初期からこのサイズなので、かなり前に拡張してずっと維持されているのでしょうね。

耳たぶ以外にも唇、鼻、ヘソにピアスをつけていたことがありました。最近はしていないようです。

長かった髪をバッサリ!ツーブロックの短髪に

ヴィジュアル系のバンドマンは楽曲リリースなどのタイミングでヘアスタイルを変えることがあります。

尋は活動初期の数年間はずっと胸より下まである長髪でした。

この頃はリリースする楽曲に合わせてメイクのイメージもかなり変えてきていますね。

2016年ころにバッサリと髪が短くなり、現在は両サイドを刈り上げたスタイルです。

現在はメイクもかなり薄くなっています。
人によって好みはあるかと思いますが、どちらも似合っていますね。

GIGORのシルバーアクセサリーを愛用

GIGORというシルバーアクセサリーブランドと昔から交流があり、ライブ中やアー写でも着用しています。

筋肉質な身体にゴツいデザインがよく映えていますね。

過去にはコラボアクセサリーの販売企画も持ち上がっていましたが、諸事情により販売は延期になっているようです。

企画自体は無くなっていないようなので、良い発表があることを願いたいですね。

ペットに猫を飼っている

尋は猫を2匹飼っており、Twitterやインスタに度々登場しています。

イカツイ見た目をしている尋ですが、猫たちにはメロメロなようです。

交流のあるバンドマン

Initial’L(イニシャルエル)のサトシとは仲が良いようで、SNSにも一緒に写っている写真を投稿しています。

同じ対バンイベントに出演したこともありますし、プライベートでもかなり仲が良いようです。

NOCTURNAL BLOODLUSTはワンマンライブだけでなく対バン形式のイベントにもよく出演しており、尋のSNSには他のバンドのメンバーとの写真も投稿されています。

イベントで多くのバンドと接する機会があるので、顔が広いのかもしれませんね。

ノクブラ 尋のすっぴんは?

ヴィジュアル系転向直後は楽曲の世界観に合わせてかなり濃いめのステージメイクをしていた尋ですが、最近ではほぼすっぴんと思われるような薄化粧でステージ立っています。

Twitterやインスタにもすっぴんの画像がアップされています。

すっぴんは童顔で、ガッチリした体格やライブでのパフォーマンスとギャップがありますね。

ノクブラ 尋の恋愛事情について

最後に尋の交際事情についてです。掲示板などでは様々な憶測が飛び交っている様子もありますが、彼女がいる、結婚しているという確かな情報はありませんでした。

SNSにはオフショットも掲載するような気さくな人物ですが、そのあたりはしっかり線引きしているのかもしれませんね。

ノクブラ 尋のまとめ

今回は尋についてご紹介しました。

筋肉や見た目のインパクトだけでなく、巧みにデスボイスを操る実力派のボーカリスト。
バンドとしてはドタバタのあったNOCTURNAL BLOODLUSTですが、今後の活動にも期待大ですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。