V系アーティスト図鑑

【メリー】ガラのプロフィール|ハスキーボイスが魅力のボーカリスト

ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。

今回はハスキーボイスが魅力のボーカリスト、メリー(MERRY)のガラについてご紹介します。

ガラのプロフィール

ガラの基本情報

名前ガラ
担当ボーカル
愛称ガラさん、骨、ガラ贔屓、
本名浅田誠(あさだまこと)
生年月日1978年7月6日
血液型A型
身長174cm
出身地群馬県
性格人見知りだけど寂しがり
好きなもの漬物とご飯
嫌いなもの魚、肉、麺類
所属事務所SunKrad
家族構成妹がひとりいる
影響を受けたアーティストDIR EN GREY、BUCK TICKなど

ガラはメリー(MERRY)のボーカルです。メリーといえば、アンダーグラウンドで活動している代表的なバンドです。バンドが売れるにつれ、メディア露出などポップ路線に走る傾向がありますが、メリーはブレずに自分たちの世界観を大切にしています。

ガラの本名は「浅田誠(あさだまこと)」とファンの間で言われており、ファンイベントでガラは本名の書かれた服を着ていたこともあるようです。ちなみにガラという名前はDIR EN GREYのが名付けました。

また、メリーのファンは推しメンに「〇〇贔屓(ひいき)」と付けることから、ガラはファンから「ガラ贔屓」と呼ばれることが多いです。

ガラの身長や生年月日に関しては公表されていませんが、ファンの間では情報が出回っています。ガラの生年月日は1978年7月6日、年齢は43歳で身長は174cmと言われています。平均より少し大きいですね。

ガラのSNS情報

ガラはアメブロ、Instagramをやっています。ガラに関するプライベートな情報はあまりないので、アメブロやInstagramの投稿は貴重です。

一方で、メリーのファンクラブ「MERRY MEMBERS’ CLUB CORE」に会員登録すると、限定コンテンツの閲覧や限定商品の購入が可能です。

バンド経歴

  1. VISAGE(誠)
  2. After effect(真琴)
  3. メリー(ガラ)

ガラのバンドの経歴はこのようになっています。

生い立ちからメリー加入まで

ガラは群馬県北部出身で実家は寿司屋です。何という名前のお店なのかは公表されていませんが、2003年1月に発売された「FOOL’S MATE(フールズメイト)」という雑誌に載っていたようです。

また、群馬県の出身といえば、BOOWY(ぼうい)の氷室京介(ひむろきょうすけ)布袋寅泰(ほていともやす)がいます。

ガラは学生時代にお笑い芸人を目指していたという過去があります。しかし、後にバンドを始めます。

 

記録として残っているガラの最初のバンドは「VISAGE(ヴィサージュ)」です。活動期間やパートは不明ですが、「誠(まこと)」という名前で活動していました。

VISAGEが解散してからガラは「After effect(アフターエフェクト)」というバンドを1998年に結成して、「真琴(まこと)」という名前でボーカルを務めていました。ちなみにAfter effectのドラムはネロでした。そして、2001年に解散しました。

また、正確な時期は不明ですが、ガラはAfter effectで活動している頃にDIR EN GREY(ディルアングレイ)のローディ(楽器の運搬やセッティングなどの裏方業務)を務めています。

ガラはこの時にDIR EN GREYから大きな影響を受けていて、ボーカルの京から「ガラ」という名前を付けてもらっています。

 

そして、ガラはメリーを結成する直前にAfter effect時代に対バンで知っていたギターの結生(ゆう)に「バンドを結成しよう」と誘います。当初の結生は乗り気ではなく、ガラは3ヶ月間に渡って誘い続けました。

それから結生がネロを一緒のバンドに誘います。

ネロとガラはAfter effectで一緒に活動していましたが、解散してからはお互いに会うことはないと思っていました。しかし、結生の要望でネロとガラは連絡を取るようになり、意気投合してバンド結成を決めます。

 

そして、蜉蝣(かげろう)の大佑(だいすけ)からの推薦でベースのテツが加わり、ギターの健一(けんいち)が加入したことによって、2001年にメリーが結成されます。結成当初は「メリー」という表記でしたが、2010年に「MERRY」になります。

そして、2019年に再び「メリー」に戻します。それからずっとガラはメリーのボーカリストとして活動しています。

ガラの音楽性

ボーカル

ガラはボーカル担当です。ガラはDIR EN GREYの京に影響を受けていることもあって、裸足で倒立や、ステージ上で習字など奇想天外なパフォーマンスをすることで有名です。あまりの過激さに観客が本当にドン引いてしまったエピソードもあります。

結成当初はMCを筆談でしていました。

また、ガラの声もしゃがれてハスキーボイスなのも特徴的です。その特徴さから「声が泣いている」と言われるほどです。そして、他の最近のビジュアル系と歌い方は全く違って低音を多用しないです。

やっぱり、世代的にムックの逹瑯と声質は違いますが似ている歌い方をしています。

「首吊りロンド」はという曲を聞けば、ガラの声がいかにハスキーか分かります。かすれた声がカッコいいですね。

作詞

ガラはメリーの曲の作詞を担当しています。歌詞にはかなりこだわっていて、手直しもあまりしません。

ガラが作詞した代表曲は「バイオレットハレンチ」です。

パンク調の曲がすごいカッコいいのですが、歌詞がぶっ飛んでいます。サビの歌詞では「レロレロナンバー」「ヒクヒクナンバー」という単語が出てきます。普通の人間はこんな単語を思いつきません。天才的な作詞のセンスだと感じました。

また、「アンダーグラウンド」「ゴールドフィンガー」などといったカタカナ語がたくさん出てきます。あえて英語ではなくカタカナ語を使っているのもセンスがありますね。

その他、ガラが作詞した他の代表曲はこちらです。

-ジャパニーズモダニスト-

「ジャパニーズモダニスト」は2004年2月11日発売の8thシングルです。とても激しい曲です。ライブではかなり盛り上がりますし、ガラのシャウトもすごいです。

曲の前奏部分で「ジャパニーズモダニスト」とコールしていて、「GO MAD」という掛け声のタイミングで観客みんなでジャンプします。この部分が好きというファンの人も多いです。

また、サビはとてもメロディアスになるのでガラのハスキーボイスの伸びが最高です。

2004年6月30日発売の3rdアルバム「モダンギャルド」に収録されています。

created by Rinker
¥925 (2021/08/05 08:52:11時点 Amazon調べ-詳細)

チック・タック

「チック・タック」は2009年12月24日のShibuya O-EAST公演で無料配布された曲です。

歌謡曲のメロディが特徴的です。歌詞の内容が詩人かと思ってしまうくらいよくできています。Aメロで「ふるさと」「遠い空」という単語でどことなく古くさい雰囲気を演出しています。

2005年6月1日発売の4thアルバム「個性派ブレンド クラシック〜OLDIES TRACKS〜」に収録されています。

千代田線デモクラシー

「千代田線デモクラシー」は2014年12月24日発売の15thアルバム「NOnsenSe MARkeT」に収録されている曲です。

不気味な曲の雰囲気ですが、歌詞も同じくらいぶっ飛んでます。最初に「クソッタレの日常!」と罵倒から入るのにサビでは「万歳!!」と肯定的になっています。ガラワールドが炸裂している単語だらけです。

ちなみにファンはこのPVが好きな人が多いです。アイスを食べているガラがかっこいいとギャップがウケています。

created by Rinker
Fire Wall Division
¥2,166 (2021/08/05 02:51:14時点 Amazon調べ-詳細)

さよなら雨(レイン)

「さよなら雨(レイン)」は2006年5月24日発売の11thシングルです。

MERRYを代表する恋愛ソングで、昭和っぽいサウンドにガラの歌声がいい感じになっています。曲の主人公は失恋で悲しくて雨と一緒に泣いています。Aメロの「心には傘なんてさせない」というのは上手な表現ですね。

メリーファンにとってはこの昭和の歌謡曲みたいな感じが定番サウンドとして愛されています。

2006年7月19日発売の6thアルバム「PEEP SHOW」に収録されています。

created by Rinker
Gan Shin
¥1,193 (2021/08/05 10:58:15時点 Amazon調べ-詳細)

梟(ふくろう)

「梟(ふくろう)」は2013年2月6日発売の24thシングルです。ストレートなロックソングで、ドラムの音がとても響いていて気持ちいいです。特にスネアドラムと呼ばれる小さな太鼓の音が「パン」と抜けるところが最高です。

テツが原曲を書いてきて、ガラがメロディにつけたことによって他のメンバーにビビッとくる物があったことから制作を本格化させてできあがった曲です。

2014年12月24日発売の15thアルバム「NOnsenSe MARkeT」に収録されています。

created by Rinker
Fire Wall Division
¥2,166 (2021/08/05 02:51:14時点 Amazon調べ-詳細)

ガラのソロ活動

ガラのソロ活動は大きなものはありませんが「ガラ(MERRY)」という名義でゲストライブに出演したり、バースデーライブを開催したりしています。

たとえば、鴉(カラス)のボーカル近野淳一(こんのじゅんいち)のソロライブにガラはゲスト出演したことがあります。ガラのブログで告知されていました。

また、2019年には東京の神田明神ホールでガラ自身のバースデーライブを開催しています。最新活動の詳細はメリーの公式サイトTwitterなどを確認するといいですよ。

ガラのプライベート

ヘルニア持ち

ガラは2009年にヘルニアを発症します。2013年の1月に腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアが悪化して手術をします。そして、同年に復帰します。復帰してからはコルセットをしてステージでパフォーマンスを行っています。

ヘルニアは治らないですし、いつまた発症してしまうか分かりません。気をつけて欲しいですね。

髪型

最近のガラの髪型は黒髪でそれほど尖った感じではないので真似しやすいです。たとえば、この写真だと耳にかかるくらいでちょっと長めなくらいです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by メリー ガラ (@merrygara0706) on

反対側はこういった感じになっています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by メリー ガラ (@merrygara0706) on

そして、その黒髪をきちんとセットするとこういった感じになります。いい感じですね。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by メリー ガラ (@merrygara0706) on

そして、ステージに立つ時は髪を逆立てています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by メリー ガラ (@merrygara0706) on

交友関係

ガラはミュージシャンの友達が多いです。まず、黒夢の清春と仲がいいです。実はメリーの最初のアルバムは清春のレーベルからリリースされています。

また、ガラはMUCCの逹瑯(たつろう)とも友達です。ガラが最初に逹瑯に会った時、逹瑯があまりにもグイグイ来るので嫌いだと思ったそうです。しかし、なんだかんだ仲が良くなりました。以前、ガラはブログで達郎への感謝を語っています。

そして、1番仲がいいのはDIR EN GREYの京ですね。ガラはDIR EN GREYのローディーを務めていたこともあって、その時に絆が生まれました。

京がステージ上でガラを見ただけで、ガラは京が今何を欲しているのか分かるほどだったというエピソードがあります。友人関係を超えた師弟関係のようです。

ガラの愛用ブランド

ガラが愛用しているブランドは以下の通りです。

  • Loud Style Design
  • MAD CULT
  • GalaabenD

「Loud Style Design(ラウドスタイルデザイン)」は2001年にできたアクセサリーブランドでゴツメのアクセを取り扱っています。

「MAD CLUT (マッドカルト)」もアクセサリーブランドで、ドクロなどインパクトのあるアクセサリーを販売しています。

「GalaabenD(ガラアーベント)」はモノトーンを基調としたファッションを取り扱っているブランドです。

ガラのすっぴん画像はある?

Googleで「MERRY ガラ すっぴん」等で調べると、ガラのすっぴん画像を確認できます。
Instagramの投稿では最近、メイクをしなくなっていますね。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by メリー ガラ (@merrygara0706) on

また、デビュー当時の画像を見るとガラがもっと濃いメイクをしていたことが分かります。どちらも魅力的ですね。

ガラの恋愛事情について

彼女がいる?結婚は?

さて、最後にファンのみなさんが気になる恋愛事情について調べてみましょう。ガラの恋愛に関する情報はありません。

しかし、2017年のインタビューで「周りのバンドや同世代は結婚して家も持っていて、自分たちは音楽をやっていた」とガラは話していて、その話し方から独身なのではないかと感じました。

しかし、本当のところは分かりません。結婚を公にしていないだけかもしれません。私たちはそっと見守りましょう。

まとめ

今回はメリーのガラについてご紹介しました。謎めいている雰囲気ですが、プライベートの情報も意外と開示されています。知れば知るほど素敵ですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

【メリー】ネロのプロフィール|全身全霊のドラムソロを叩くドラマーロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は全身全霊のドラムソロを叩くドラマー、メリー(M...
【メリー】テツのプロフィール|首の事故から復帰したベーシストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は首の事故から復帰したベーシスト、メリー(MER...
【メリー】結生のプロフィール|カッティングが得意なギタリストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回はカッティングが得意なギタリスト、メリー(MER...
【メリー】健一の現在とプロフィール|今後の予定や脱退理由は?ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 メリー(MERRY)といえば、歌謡曲をベースにした楽...
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。