V系アーティスト図鑑

【摩天楼オペラ】Anziの現在とプロフィール|脱退理由やソロ活動は?

ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。

摩天楼オペラといえば、重低音のメタルサウンドが特徴のバンドです。その摩天楼オペラを2016年に脱退したAnzi(アンジ)ですが、現在は何をしているのでしょうか。また、脱退した理由は何だったのでしょうか。

今回はそんなAnziの現在や脱退理由、プロフィールをご紹介します。

Anziの現在

Anziは現在もAnzi名義で音楽活動を続けています。音源も制作していて、YouTubeでMVを公開しています。

「A RAY OF HOPE」というギターのインスト曲です。ギターの音色がかなり美しくて綺麗ですね。

「RED」はダークな雰囲気もありながら、歌うようなギターのソロが印象的な楽曲です。

また、最新情報はブログで更新しています。そちらも合わせてチェックしてみてください。

Anziの脱退理由

Anziは意識や信念の違いが理由で脱退します。それ以上多くは語っていませんが、長い間摩天楼オペラで活動してきて、突然、衝動的に脱退に至ったわけではありません。

ボーカルの苑(その)が後に語ったインタビューでは、「Anziは広いライブハウスでライブをやりたかった一方で、苑は狭いところでもオーディエンスと一緒にはしゃぎたかった」と言っています。そうした細かな部分で方向性が異なったようです。

やはり、バンドとなると個人が思うようにできない面もあるので、いろいろとあったのでしょう。また、Anziは「未来を見据えた上での決断で、摩天楼オペラで過ごした時間は誇りであり財産だ」とも言っているので、不仲ではないようです。

また、何かしらの機会で摩天楼オペラのメンバーと共演してくれるといいですね。

Anziのプロフィール

Anziの基本情報

名前Anzi
担当ギター
愛称アンさん、田中さん
本名一部に田中入っている?
生年月日?年2月24日
血液型B型
身長非公表
出身地東京都出身
性格礼儀正しい
好きなもの情報なし
嫌いなもの情報なし
所属事務所現在フリー?
家族構成情報なし
影響を受けたアーティストイングヴェイ・マルムスティーン

Anzi(アンジ)は摩天楼オペラ(まてんろうおぺら)の元ギタリストです。

摩天楼オペラは2007年から活動しているビジュアル系メタルバンドです。Anziは2007年12月23日に加入しますが、2016年の7月22日のTSUTAYA O-EAST公演で、意識や信念の違いを理由に脱退します。

また、Anziは東京都出身で誕生日は2月24日です。血液型はB型です。一方でファンの間では、本名の一部に「田中」が入っているのではないかと言われています。

また、ファンからはイケメンギタリストと言われていて、特にセクシーで色気が溢れ出ていると評判です。

AnziのSNS情報

AnziはTwitterとアメブロ、YouTubeをやっています。Twitterはアカウントだけ残っていて、更新されていません。一方のアメブロはアクティブです。そのため、最新情報はアメブロで確認するのが1番ですね。

バンド経歴

  1. roudy(Anzi)
  2. Wild Carol (Anzi)
  3. Sylphid(Anzi)
  4. Masterpiece(Anzi)
  5. GRAVE SEED(Anzi)
  6. 摩天楼オペラ(Anzi)

Anziのバンドの経歴はこのようになっています。

生い立ちから加入まで

Anziは東京都出身です。クラシックを愛する家庭に育ち、小さい頃からバイオリンを弾いていました。一方で、バレーボールに熱中していて、高校2年生からギターを趣味で始めます。

そして、大学に進学して学園祭のライブでギターを弾きます。この時に観客の反応がよかったので、 大学を辞めて音楽の専門学校へ行きます。専門学校時代はかなり真面目な学生で、優秀な成績を納めていました。

その後、いくつかのオーディションを受けたり、バンドに所属していたりしました。

 

記録として残っているAnziの最初のバンドは「roudy (ラウディー)」です。その後、「 Wild Carol(ワイルドキャロル)」「Sylphid (シルフィー)」といったバンドに所属します。いずれも所属期間は不明ですが、短期間に所属と脱退を繰り返していました。

その後、Anziは非ビジュアル系バンドの「Masterpiece(マスターピース)」で活動します。メンバーには元ドラマーの悠(ゆう)がいました。

そして、摩天楼オペラが2006年にボーカルの苑、ベースの燿(ヨウ)、元キーボードの華蓮(かれん)、元ギターの未伽(みか)、元ドラマーの悠で結成されます。2007年に浦和ナルシスで初ライブを行いますが、華蓮と未伽が脱退します。

その代わりに2007年に、彩雨(あやめ)がキーボーディストとして、Anzi(アンジ)が2代目のギタリストとして加入します。

そして、摩天楼オペラは2010年にメジャーデビューをしますが、2016年にAnziは脱退します。

Anziの音楽性

ギター

Anziはイングヴェイ・マルムスティーンというスウェーデンのギタリストの影響を受けています。一方で、Anziのギターの音色を聴いてみると、まるで歌のように流麗なメロディを弾いています。音が綺麗ですね。

こちらは「喝采と激情のグロリア」という楽曲です。まさに歌うようなギターソロという感じですね。メタルチックなドラムのビートに上手くギターが絡んでいます。

使用ギターと機材

  • Soultool Customized Guitar(ギター)
  • Ibanez/TS9(オーバードライブ)
  • G-LAB/WW-1(ワウペダル)
  • LINE6/DL4(ディレイ)
  • BOSS/NS-2(ノイズゲート)
  • MAXON/VJR9(フランジャー)
  • MXR/Micro Flanger(フランジャー)
  • Marshall/JCM2000(アンプ)
  • Marshall/JVM410(アンプ)

Anziは「Soultool Customized Guitar(ソウルツールカスタマイズドギター)」と専属契約をしていて、このブランドのシグニチャーモデルを使用していました。このメーカーはスイスのハンドメイドギター工房です。

こちらはAnziのブログで公開されていたギターです。赤色がカッコいいですね。

作曲

Anziは作曲をしています。しかし、YouTubeではあまり公開されていません。

Anziが作曲した代表曲は「coal tar」という楽曲です。

クラシックとメタルがすごくマッチしています。メタルからクラシックの雰囲気に変わるのではなく、メタルとクラシックの音楽を両方一緒に奏でる感じが最高にカッコいいです。

その他、Anziが作曲した代表曲はこちらです。

AGE

「AGE」は2012年3月7日発売の2ndアルバム「Justice」に収録されている曲です。摩天楼オペラの中ではポップロックという感じですね。しかし、サビ前では苑のビブラートが炸裂しています。

created by Rinker
¥250 (2021/12/08 13:08:18時点 Amazon調べ-詳細)

Merry Drinker

「Merry Drinker」は 2013年3月6日発売の3rdアルバム「喝采と激情のグロリア」に収録されている曲です。ヘヴィなリフでハードロックのようなサウンド特徴です。一方で「クタクタ」「背筋」などといった歌詞の言葉選びがB’zっぽさを感じます。

created by Rinker
¥250 (2021/12/09 09:34:46時点 Amazon調べ-詳細)

友に捧ぐ鎮魂歌

「友に捧ぐ鎮魂歌」は2014年9月3日発売の4thアルバム「AVALON」に収録されている曲です。エレキギターのストロークと苑のボーカルが心地よいバラードになっています。サビで急に爆発するのもいいですね。

created by Rinker
キングレコード
¥2,455 (2021/12/08 13:08:19時点 Amazon調べ-詳細)

Jolly Rogerに杯を

「Jolly Rogerに杯を」は2014年9月3日発売の4thアルバム「AVALON」に収録されている曲です。ミクスチャーロックという感じで、とても攻撃性の高い楽曲です。ダミ声のラップ調の部分が最高です。

created by Rinker
キングレコード
¥2,455 (2021/12/08 13:08:19時点 Amazon調べ-詳細)

RUSH!

「RUSH!」は 2012年12月5日発売の15thシングル「Innovational Symphonia」のカップリングソングです。Aメロあたりは最近のビジュアル系という感じの曲調ですが、サビでは苑のボーカルの伸びが半端なくて聴きどころです。

Anziのソロ活動

Anziは現在ソロとして活動していますが、以前はVersailles(ヴェルサイユ )のボーカルであるKAMIJOのソロ活動のサポートギタリストとして活動していました。

Anziのプライベート

大学

Anziは大学に一時期通っていました。しかし、通っていた大学などは公開されていません。ちなみに学生時代は軽音楽のサークルに入っていました。いかにも音楽好きのギタリストという感じですね。

ライブ前のげん担ぎ

ファンの間で有名なエピソードは、Anziはライブの時に赤いボクサーパンツを履くことです。ギターも赤なので、マッチングしていますね。知られざる秘密ですね。

交友関係

Anziは音楽系の知り合いが多いです。たとえば、Jupiter(ジュピタ)のギタリストHIZAKIです。ちなみに、HIZAKIがライブの時に赤いボクサーパンツを履いていて「気合が入る」と言っていたので、Anziもマネし始めました。

また、VersaillesのヴォーカリストであるKAMIJOと交流があります。Anziはサポートもしていましたね。

Anziの愛用ブランド

Anziの愛用ブランドは特に公開されていません。しかし、過去に摩天楼オペラのメンバーは「Acryl agitt (アクリルアジット)」というブランドを衣装として着用しています。

また、Anziはブログで過去に着ていた衣装を公開しています。

Anziのすっぴん画像はある?

Googleで「摩天楼オペラ Anzi すっぴん」等で調べると、Anziのすっぴん画像を確認できます。すっぴんでも顔が整っていますね。メイクもいらないのではないかと思ってしまうくらいです。

また、2007年に摩天楼オペラに加入した当時の画像を見ると、昔のAnziが確認できます。メイクが濃くてこちらもカッコいいですね。

Anziの恋愛事情について

彼女がいる?結婚は?

さて、最後にファンのみなさんが気になる恋愛事情について調べてみましょう。Anziの恋愛に関する情報はありません。これだけ魅力的なので、彼女がいてもおかしくありませんね。わたしたちは、そっと見守りましょう。

ちなみに、好きな女性のタイプは「ギターのように美しい人」と2011年のブログで言っています。ギタリストらしい意味深な回答です。ボディ(外見)が美しくて、音色(内面)も素敵な人が好きなようです。才色兼備な女性という感じですね。

まとめ

今回はAnziについてご紹介しました。謎めいている雰囲気ですが、プライベートの情報も意外と開示されています。知れば知るほど素敵ですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

【摩天楼オペラ】苑のプロフィール|ハイトーンビブラートが武器のボーカルロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回はハイトーンビブラートが武器のボーカル、摩天楼オ...
【摩天楼オペラ】彩雨のプロフィール|教授の顔を持つ博識キーボードロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は教授の顔を持つ博識キーボード、摩天楼オペラの彩...
【摩天楼オペラ】燿のプロフィール|モデルも行う難病と闘うベースロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回はモデルも行う難病と闘うベース、摩天楼オペラの燿...
【摩天楼オペラ】JaYのプロフィール|苑が認めたスーパーギタリストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 摩天楼オペラといえば、重低音のメタルサウンドが特徴の...
【摩天楼オペラ】響のプロフィール|高速プレイが得意な院卒ドラマーロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は高速プレイが得意な院卒ドラマー、摩天楼オペラの...
【摩天楼オペラ】悠の現在とプロフィール|脱退理由は病気だった?ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 摩天楼オペラといえば、重低音のメタルサウンドが特徴の...
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。