V系アーティスト図鑑

【ゴールデンボンバー】喜矢武豊のプロフィール|体を張るギタリスト

ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。

今回は体を張るギタリスト、ゴールデンボンバー(金爆)の喜矢武豊についてご紹介します。

喜矢武豊のプロフィール

喜矢武豊の基本情報

名前喜矢武豊(きゃんゆたか)
担当ギター
愛称豊、喜矢武さん、キャン様
本名斉藤豊(さいとうゆたか)
生年月日1985年3月15日
血液型B型
身長166cm
出身地東京都板橋区
性格明るくて真面目
好きなもの寿司、カロリーが高いもの
嫌いなものカロリーが低いもの
所属事務所euclid agency
家族構成兄と妹がいる
影響を受けたアーティストGLAYなど

喜矢武豊(きゃんゆたか)はゴールデンボンバーのGita-担当です。表記はこのようになっていますが、実際にはギターです。また、ゴールデンボンバーは漢字で書くと「金爆」なので、「金爆(きんばく)」と呼ばれることもあります。

また、名前も喜屋武と表記することもあれば、喜矢武と表記することもあります。

 

ゴールデンボンバーは演奏をしていないことで有名ですが、実は初期の頃は本当にギターを演奏していました。しかし、ボーカルの鬼龍院翔から「ギター弾かなくていいよ」と言われて、演奏しなくなります。

しかし、喜矢武豊はソロ活動などの時にギターを実際に演奏することはあります。高校の学園祭レベルということで活動しています。

 

では、喜矢武豊はエアギターのパフォーマンスだけを担当しているのかというとそうではなく、ライブで使用する小道具製作、動画の編集などをしています。

ダンボールでサックスを作ることもできたり、溶接をした小道具を作ったりと製作の腕前は年々上昇しています。

 

喜矢武豊の生年月日1985年3月15日で年齢は36歳です。

喜矢武豊の本名は「斉藤豊(さいとうゆたか)」で、実際の名前とは豊だけが合っています。ちなみに友人に喜矢武という名字の人が実際にいて、そこから名付けました。沖縄では多い名字です。

喜矢武豊のSNS情報

喜矢武豊はTwitter、Instagram、アメブロをやっています。エンターテイナーなので、どのSNSを見ても楽しいです。どれをフォローしても損はないでしょう。

バンド経歴

  1. ゴールデンボンバー(喜矢武豊)

喜矢武豊のバンドの経歴はこのようになっています。

生い立ちからゴールデンボンバーで活動するまで

喜矢武豊は東京都板橋区出身です。実は生まれてから音楽に興味を持つまで時間があって、小学生から高校2年生まで野球少年として白球を追いかける青春時代でした。しかし、高校生の時にレギュラーになれずに挫折してしまいます。

ちなみにドラムの樽美酒研二も同じく野球少年でした。

野球を辞めた頃に、友人が持っていたベースに興味を持ちます。しかし、その友人からギターを渡されて、ギター演奏者になります。GLAYやXを趣味で弾いていました。

 

喜矢武豊が高校3年生の時に、ボーカルの鬼龍院翔と出会います。鬼龍院翔が高校の文化祭でDIR EN GREYのコピーバンドをやっていて、これに感動したそうです。ここで喜矢武豊から「バンドを組もう」と誘いますが、鬼龍院翔は断ります。

高校卒業後、喜矢武豊は拓殖大学経済学部に進学します。家から2時間かけて通っていましたが、やっていたことはほぼ松屋でのアルバイトでした。

 

この頃、同じように将来に不安を抱えていた鬼龍院翔が喜矢武豊に声をかけて、ゴールデンボンバーを結成します。しかし、活動期間は2004年から2005年までと短命で終わってしまいます。

バンドを辞めてから喜矢武豊は就職活動をしますが、やっぱり好きなことをしたいという思いからゴールデンボンバーを再結成します。

 

ゴールデンボンバーを再結成した2005年に、鬼龍院翔から喜矢武豊に「エアバンドでいこう」という提案して現在のスタイルになり、今まで活動しています。

それから2007年に歌広場淳(うたひろばじゅん)、2009年に樽美酒研二(だるびっしゅけんじ)が加入して現在のゴールデンボンバーとして活躍しているのです。

喜矢武豊の音楽性

ギター(エアギター)担当

喜矢武豊はギター担当なのでギターソロのパフォーマンスが魅力です。しかし、ただのギターソロではなく体を張った過激なパフォーマンスです。たとえば、熱湯風呂に入浴やスイカの早食いなどです。

この動画では、人間習字をしています。

楽器製作担当

喜矢武豊はライブ時に使用する楽器を作っていますが、過去には作った楽器が「アメイジング・スパイダーマン2」のCMで敵キャラとして使われた事もあります。

使用機材

喜矢武豊の使用機材は以下の通りです。

  • ダンボール
  • 東急ハンズの小物

喜矢武豊が楽器をダンボールで製作する時に、よく行くお店が東急ハンズです。他のミュージシャンは楽器屋に楽器を買いに行きますが、喜矢武豊にとって東急ハンズが楽器屋みたいなものです。

ホームセンターにもよく行くようです。

作詞作曲

喜矢武豊は作詞作曲をしていません。パフォーマンスに集中していて素敵ですね。

喜矢武豊のソロ活動

喜矢武豊のソロ活動は主として俳優です。2012年、「死ガ二人ヲワカツマデ…」という映画の第一章 「色ノナイ青」という作品でデビューします。

意外に俳優も似合いますね。

2013年に「ビブリア古書堂の事件手帖」で月9デビューしています。

また、ソロではライブ活動をしています。誕生日のライブやトークショーなどが多いですね。ちなみに、鬼龍院翔も同じ2012年ごろにソロ活動を始めました。

喜矢武豊のプライベート

ライブでのノリはプライベートも一緒

喜矢武豊の運転免許証はすごいことで話題です。「役者です」といってサムライの格好で写真を撮ったり、金髪のビジュアル系の王道のような髪型で撮影していたりします。

ライブのようなノリで毎日もファンキーに生きています。

大学時代について

2016年に鬼龍院翔と喜矢武豊はアメトーークに出演します。そこで喜矢武豊の大学時代について暴露話がされていました。大学時代にバンドを組み始めた喜矢武豊はモテていたそうです。

「あの女、俺に惚れてっからな」と言っているのが口癖だったそうです。恥ずかしいと喜矢武豊は照れながらも、会場の笑いを誘っていました。

マンガが好き

喜矢武豊はマンガが好きで、特に「こち亀」が好きだそうです。しかしながら、全巻揃えているわけではないそうです。それでも「こち亀」を愛していると公言しています。ブログでもこち亀の舞台を見に行っています。

交友関係

喜矢武豊の交友関係は幅広いです。まず、X JAPANのYOSHIKIやGLAYのTERUなど大物ミュージシャンと交流があります。

L’Arc〜en〜Cielのhydeとも交流があるようです。

SOPHIAの松岡充(まつおかみつる)とも楽屋でお話したみたいです。

喜矢武豊の愛用ブランド

喜矢武豊が愛用しているブランドは以下の通りです。

  • elements,H

elements,H(エレメンツアッシュ)はロックなアイテムが基本的に多いです。過去にはお店にも行っていたようです。

香水

ファンの方の情報では、喜屋武豊は「ウィッシューショパール」という香水を使っているそうです。青色の小瓶が可愛い香水です。

喜矢武豊のすっぴん画像はある?

Googleで「ゴールデンボンバー 喜矢武豊 すっぴん」等で調べると、喜矢武豊のすっぴん画像を確認できます。

普段アイメイクが濃い喜矢武豊なので、ギャップがありますね。でも意外と違和感なくて普通なルックスになります。すっぴんでも女性ファンはいるでしょう。

喜矢武豊の恋愛事情について

彼女がいる?結婚は?

さて、最後にファンのみなさんが気になる恋愛事情について調べてみましょう。喜矢武豊には度々彼女の噂はあります。しかし、噂程度で堂々と発表されるほどでもありません。

喜矢武豊の大学時代の彼女である「ゆかりさん」という方は2014年の「SONGS」という番組に出ていました。しかし、現在の恋愛事情は不明です。

 

しかし、本人は熱しやすく冷めやすい性格のため、恋愛が長続きしないと言っています。恋愛の悩みを超えて、素敵な人に出会えるといいですね。

ちなみに好きなタイプは綺麗でかっこいい女性だそうです。

まとめ

今回はゴールデンボンバーの喜矢武豊についてご紹介しました。謎めいている雰囲気ですが、プライベートの情報も意外と開示されています。知れば知るほど素敵ですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

【ゴールデンボンバー】鬼龍院翔のプロフィール|名曲を生むボーカルロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は名曲を生むボーカル、ゴールデンボンバー(金爆)...
【ゴールデンボンバー】歌広場淳のプロフィール|振付担当ベーシストロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は振付担当ベーシスト、ゴールデンボンバー(金爆)...
【ゴールデンボンバー】樽美酒研二のプロフィール|筋肉質なドラマーロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 今回は筋肉質なドラマー、ゴールデンボンバー(金爆)の...
【結果発表】ゴールデンボンバーの人気曲ランキングTOP14!1位は断トツでみんなが知るあの曲!?ロックにこんにちは。みなさんは、ビジュアル系の音楽をいつも楽しんでいますか。 当サイトではこの度、ゴールデンボンバーの曲を聞いたこ...
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。